| main |
| main |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - |-
2013年度版 各社カメラのHDRオートブラケット撮影能力リスト

続々登場! HDR向きのカメラ

Photomatixの開発元、HDRsoft社のホームページにある、「機種別オートブラケット撮影能力」をまとめたものです。
掲載ソースに間違いが多く、Pentax / Canonあたりは知っている範囲で直しましたが、他のメーカーは疎いため、間違いがありましたら、ぜひお知らせ下さい。

■ご注意
この表は、あくまでスペック的に見たオートブラケット能力を表したもので、使い勝手や、実際の画像評価を主なったものではありません。
実際の動作環境は、あくまで実機をテストして判断してください。

■表の見方
ブラケット撮影とは、HDR画像作成において必須の、広い明暗レンジを撮影するために、シャッター速度やISO感度を変更して、複数回の露光を行うことです。
で、オートブラケットとは、これをカメラで自動撮影することで、一般的には、シャッターを押している間、自動的に複数回のシャッターが切られます。

以前はHDR合成ソフトの能力が低く、三脚を据えて撮影することが多かったため、手動で露出を変更しても同じようなものでしたが、最近は手持ち撮影からのHDR合成が可能になったため、カメラの「オートブラケット能力」は非常に重要なファクターになっています。
オートブラケット撮影できない場合、撮影表現の幅が大きく制限されますので、これからHDRを始める人は、どうせならオートブラケットの優秀なカメラを選ぶべきかと。

赤字
特に能力がすぐれているもの。12EV以上あれば、自然界で撮れないコントラストはないと思われます。
青字
能力が非常にすぐれているもの。8EV以上の露光が可能で、日中・夜景など、相当な明暗差があっても撮影レンジ内に収めることができます。
緑字
能力がすぐれているもの。6EV以上の露光が可能で、日中撮影においてはほぼ問題のない能力があると思われます。日自分はこのタイプのカメラを愛用しています。
紫字
露光域は十分だが、1EVピッチでしか撮影できない残念な機種。
性能は良いが、撮影枚数が増えるため、使い勝手が悪い。Nikonに多い機種(新型は除く)。

その他のカメラは、露光レンジが4EVあれば、RAWで撮影すれば、ある程度のレンジを持つことができます。
それ未満のカメラは残念ながらオートブラケット用途には向いていません。

■注意
Nikonの一部機種のように、9枚ブラケットのものは、常識的にみて使い勝手が悪いと判断しました。
Olympusの一部機種は、「ISOブラケット」という、1ショットで複数の撮影を行うものが存在しますが、レンジが狭いので、常識的にみて使い勝手が悪いと判断しました。
FujiFilmの一部機種には、「ダイナミックレンジ拡張」と称する機能がありますが、ダイナミックレンジ拡大幅が客観的でないため、換算は行っていません(当然)。
最近のカメラが搭載している「カメラ内HDR合成」機能はいっさい無視します。どうせ使わん(キリッ

モデル名 最大ブラケット
コマ数
最大ステップ
EV値
最大EV幅 レリーズ速度
EOS 1D 3, 5 or 7 3 18 8
EOS 1D MKII / MKII N 3, 5 or 7 3 18 8.5
EOS 1D MKIII 2, 3, 5 or 7 3 18 10
EOS 1D MKIV 2, 3, 5 or 7 3 18 10
EOS 1Ds 3, 5 or 7 3 18 3.4
EOS 1Ds MKII 3, 5 or 7 3 18 4
EOS 1Ds MKIII 3, 5 or 7 3 18 5
EOS 1D X 3, 5 or 7 3 18 12
EOS 5D 3 2 4 3
EOS 5D Mark II 3 2 4 4
EOS 5D Mark III 2, 3, 5 or 7 3 18 6
EOS 6D 2, 3, 5 or 7 3 18 4.5
EOS 7D 3 3 6 8
EOS 10D 3 2 4 3
EOS 20D 3 2 4 5
EOS 30D 3 2 4 5
EOS 40D 3 2 4 6.5
EOS 50D 3 2 4 6.3
EOS 60D 3 3 6 5.3
EOS Kiss 3 2 4 5.3
EOS Kiss N 3 2 4 3
EOS Kiss X 3 2 4 3
EOS Kiss X2 3 2 4 3.5
EOS Kiss X3 3 2 4 3.4
EOS Kiss X4 3 2 4 4
EOS Kiss X5 3 2 4 3.7
EOS Kiss X6i 3 2 4 5
EOS Kiss F 3 2 4 3
EOS Kiss X50 3 2 4 4
EOS Kiss III 3 1 2 6
Canon D30 / D60 3 2 4 3
Canon EOS 1V Film 3 3 6 6
Canon Powershot G1/G2 3 2 4  
Canon Powershot G3/G5/G6 3 2 4  
Canon PowerShot G7 3 2 4 2
Canon PowerShot G9/G10 3 2 4 1.5
Canon PowerShot G11/G12 3 2 4  
Canon PowerShot G1X 3 2 4  
Canon PowerShot Pro1 3 2 4 2.5
Canon PowerShot S1 IS 3 2 4 1.7
Canon PowerShot S2/S3/S5 IS 3 2 4 2.5
Canon PowerShot S45 3 2 4 3
Canon PowerShot S50 3 2 4 2
Canon Powershot S70/S80 3 2 4  
Canon Powershot S90 3 2 4 0.9
Canon Powershot S95 3 2 4 3
Canon Powershot S100 3 2 4 2.4
Canon PowerShot SX1 IS 3 2 4 4
Canon PowerShot SX10 IS 3 2 4 1.4
Canon PowerShot SX20 IS 3 1 1/3 2 2/3  
Canon PowerShot SX30 IS 3 2 4  
Canon PowerShot SX40 3 2 4 10.3
Fuji FinePix E550 3 1 2  
Fuji FinePix E900 3 1 2 2
Fuji FinePix F810 3 1 2 10
Fuji FinePix HS10 3 1 2  
Fuji FinePix HS20 3 1 2 11
Fuji FinePix HS30EXR 3 2 4 11
Fuji FinePix S100FS 3 1 2 3
Fuji FinePix S200EXR 3 1 2 3
Fuji FinePix S1000fd 3 1 2  
Fuji FinePix S1500 3 1 2 1.4
Fuji Finepix S2100hd 3 1 1  
Fuji Finepix S2700 3 1 2  
Fuji Finepix S2950 3 1 2 1.2
Fuji FinePix S4000 3 1 2  
Fuji FinePix S5000/S5500 3 1 2 3
Fuji FinePix S5600/S5700 3 1 2 1.4
Fuji FinePix S5800 3 1 2 0.8
Fuji FinePix S6000fd/S6500fd 3 1 2 1.5
Fuji Finepix S7000 3 1 2  
Fuji FinePix s8000fd 3 1 2  
Fuji FinePix S9100/S9600 3 1 2 1.5
Fuji IS-1 3 1 2 1.5
Fuji S2 Pro 3 1 2 2
Fuji S3Pro 2 or 3 2 4 2.5
Fuji S5 Pro 2 to 9 1 8 3
Fuji X10 3 1 2 10
Fuji X100 3 1 2  
Leica D-LUX 3 3 1 2 3
Leica D-LUX 4 (firmware 2.2) 3 3 6 2.5
Leica M9 5 (2 EV) or 7 (1 EV) 2 8 2
Leica X1 3 3 6 3
Nikon D1X 3 1 2 3
Nikon D2H 2 to 9 1 8 8
Nikon D2X/D2Xs 2 to 9 1 8 5 (8 cropped)
Nikon D3 / D3s 2 to 9 1 8 9 (11 in DX mode)
Nikon D3X 2 to 9 1 8 5 (7 in DX mode)
Nikon D4 2 to 9 1 8 10
Nikon D50 3 2 4 2.5
Nikon D70 2 or 3 2 4 1
Nikon D70s 2 or 3 2 4 3
Nikon D80 2 or 3 2 4 3
Nikon D90 2 or 3 2 4 4.5
Nikon D100 2 to 3 1 2 3
Nikon D200 2 to 9 1 8 5
Nikon D300 2 to 9 1 8 6 or 8
Nikon D300s 2 to 9 1 8 8 or 9
Nikon D600 3 3 6 5.5
Nikon D700 2 to 9 1 8 8
Nikon D800 2 to 9 1 8 4
Nikon D3000 3 1 2 7
Nikon D3200 3 2 4  
Nikon D5000 3 2 4 2
Nikon D5100 3 2 4 4
Nikon D5200 3 2 4 5
Nikon D7000 3 2 4 6
Nikon D7100 5 2 8 7
Nikon Coolpix 4500 3 or 5 1 4 1.3
Nikon Coolpix 5000 3 or 5 1 4 3
Nikon Coolpix 5400 3 or 5 1 4 1.25
Nikon Coolpix 5700 3 or 5 1 4 3
Nikon Coolpix P4 3 1/2 1 0.5
Nikon Coolpix P90 3 1 2 3.5
Nikon Coolpix P100 3 1 2  
Nikon Coolpix P300 3 1 2 8
Nikon Coolpix P500 3 1 2 8
Nikon Coolpix P5000/P5100 3 1 2 1
Nikon Coolpix P6000 3 1 2  
Nikon Coolpix P7000 3 1 2 1
Nikon Coolpix P7100 3 to 5 1 4  
Nikon 8080 3 or 5 1 4 1.6
Nikon 8400 3 or 5 1 4 2.3
Nikon 8700 3 or 5 1 4 2.3
Nikon 8800 3 or 5 1 4 2.3
Olympus C2100 Ultra Zoom 3 or 5 1 4 1.7
Olympus C5050 Zoom 3 or 5 1 4  
Olympus C5060 Wide Zoom 3 or 5 1 4 3.3
Olympus C730UZ 3 or 5 1 4 1
Olympus C765UZ 5 1 4 3
Olympus C770UZ 5 1 4  
Olympus C-8080 3 or 5 1 4  
Olympus E-1 3 or 5 1 4 3
Olympus E-3 3 or 5 1 4 5
Olympus E-5 3, 5 or 7 1 6 5
Olympus E-20P 3 1 2  
Olympus E-30 3 or 5 1 4 5
Olympus E-300/E-330 3 1 2 3
Olympus E-400/E-410/E-420 3 1 2 3
Olympus E-500 3 1 2 2
Olympus E-510 3 1 2 3
Olympus E-520 3 1 2 3.5
Olympus E-620 3 1 2 4
Olympus OM-D E-M5 3, 5 or 7 1(5fr), 0.7(7fr) 4  
Olympus E-P1 / E-P2 3 1 2 3
Olympus E-P3 3, 5 or 7 1 (5fr), 0.7 (7fr) 4 3
Olympus E-P5 3, 5 or 7 3 (5fr) 12 9
Olympus E-PL1 / E-PL1s 3 1 2 3
Olympus E-PL2 3 1 2 3
Olympus E-PL3 3, 5 or 7 1 4 5
Olympus E-PL5 3, 5 or 7 3 (5fr) 12 8
Olympus E-PM1 3, 5 or 7 1 (5fr), 0.7 (7fr) 4.2 5.5
Olympus E-PM2 3, 5 or 7 3 (5fr) 12 8
Olympus SP-320 3 or 5 1 4 4
Olympus SP-350 3 or 5 1 4 3
Olympus SP-510UZ 3 or 5 1 4 1.7
Olympus SP-550UZ/SP-560UZ 3 or 5 1 4 5
Olympus SP-570UZ 3 or 5 1 4  
Olympus XZ-1 3 1.7 3.4  
Panasonic Lumix DMC-FS6 3 1 2 3
Panasonic Lumix DMC-FX3/FX30/FX33/FX37 3 1 2  
Panasonic Lumix DMC-FX500/FX700 3 1 2  
Panasonic Lumix DMC-FX78 3 1 2 6
Panasonic Lumix DMC-FX150/FX180 3 1 2 2
Panasonic FZ-18 3 1 2 3
Panasonic FZ-8/FZ-20/FZ-30 3 1 2 3
Panasonic FZ-28 3 1 2 3
Panasonic FZ35/FZ38 3 1 2 2.3
Panasonic FZ40 3 1 2 1.8
Panasonic FZ5/FZ7 3 1 2 3
Panasonic Lumix FZ47 3 1 2 7
Panasonic Lumix FZ50 3 1 2 1
Panasonic Lumix FZ100 3 3 6 60 (11 at 14 MP)
Panasonic Lumix FZ150 3 1 2 12 (5 follow focus)
Panasonic Lumix FZS1 3 1 2 2
Panasonic Lumix G1 / GF1 3, 5 or 7 2/3 4 3
Panasonic Lumix G1K 3, 5 or 7 2/3 4 3
Panasonic Lumix DMC-G10K 3, 5 or 7 2/3 4 2 to 26
Panasonic Lumix G2 3, 5 or 7 2/3 4  
Panasonic G2HK 3, 5 or 7 2/3 4 40
Panasonic G3 / G3K 3, 5 or 7 1 6 10
Panasonic GF2/GF2C 3 or 5 2/3 2.7 3.2
Panasonic GF3K/GF3C 3 or 5 2/3 2.7 3.8
Panasonic DMC-GF6 3 or 5 2/3 2.7 3
Panasonic Lumix DMC-GH1 7 2/3 4 3
Panasonic Lumix DMC-GH2 3, 5 or 7 1 6 3
Panasonic Lumix DMC-GH3 3, 5 or 7 1 6 6
Panasonic GX1 3, 5 or 7 1 6  
Panasonic DMC-L1 3 or 5 1 4 3
Panasonic Lumix DMC-L10 3 2 4 3
Panasonic Lumix DMC-LS2 3 1 2  
Panasonic Lumix DMC-LS80 3 1 2  
Panasonic Lumix DMC-LX1 3 1 2 1
Panasonic Lumix DMC-LX2 3 1 2 3
Panasonic Lumix DMC-LX3 (新ファーム) 3 3 6 3.5
Panasonic Lumix DMC-LX5 3 3 6 4.5
Panasonic Lumix DMC-LX7 3 3 6 11
Panasonic DMC-LZ3 / LZ4 / LZ5 3 1 2 3
Panasonic DMC-LZ8 3 1 2 2.5
Panasonic DMC-TS1 3 1 2 2.3
Panasonic DMC-TZ1 / TZ3 / TZ4 3 1 2 3
Panasonic DMC-TZ5 / TZ7 3 1 2 2.5
Panasonic DMC-TZ8 3 1 2 1.9
Panasonic DMC-TZ15 3 1 2 1
Panasonic DMC-TZ22 / TZ30 3 1 2  
Panasonic DMC-ZS3A 3 1 2 2.8
Panasonic DMC-ZS5 / ZS7 3 1 2 10
Panasonic DMC-ZS10 3 1 2 10
Pentax *ist DL 3 2 4 2
Pentax *ist DS2 3 2 4 3
Pentax K-01 3 0.5 1.5 3
Pentax K-5 / K-5 II 2, 3 or 5 2 8 7
Pentax K-7 3 or 5 2 8 5.2
Pentax K10D / K20D 3 or 5 2 8 3
Pentax K100D / K200D 3 2 4 2.8
Pentax K-m / K2000 3 1.5 3 3.5
Pentax K-r 3 3 6 6
Pentax K-x 3 3 6 4.7
Pentax Optio 50L 3 1 2 0.7
Pentax Optio M85 3 2 4  
Pentax Optio W90 3 1 2 1.03
Pentax Q 3 3 6 3
Ricoh Caplio R6 / R7 3 0.7 1.4 3
Ricoh CX-5 3 0.5 1  
Ricoh GX100 / GX200 3 0.5 1.5 2.4
Sigma SD14 3 3 6 3
Sigma SD15 3 or 5 3 (3fr), 1.7 (5fr) 6 3
Sigma DP1 / DP-1s / DP2 3 3 6 3
Sony Alpha A33 / A35 SLT 3 0.7 1.4 7
Sony Alpha A55 / A57 SLT 3 0.7 1.4 10
Sony Alpha A65 SLT 3 or 5 3 (3 frames), 0.7 (5 frames) 6 10
Sony Alpha A77 SLT 3 or 5 3 (3 frames), 0.7 (5 frames) 6 12
Sony Alpha A99 SLT 3 or 5 3 (3 frames),
1 (5 frames)
6 10
Sony Alpha A-100 3 0.7 1.4 1.4
Sony Alpha A-200 3 0.7 1.4 3
Sony Alpha A-230 3 0.7 1.4 1.4
Sony Alpha A-300 3 0.7 1.4 3.5
Sony Alpha A-330 3 0.7 1.4  
Sony Alpha A-350 3 0.7 1.4 3.5
Sony Alpha A-380 3 0.7 1.4 2.5
Sony Alpha A-390 3 0.7 1.4  
Sony Alpha A-450 3 0.7 1.4 7
Sony Alpha A-500 3 2/3 1.4  
Sony Alpha A-550 3 2/3 1.4 9
Sony Alpha A-580 3 2/3 1.4 10
Sony Alpha A-700 3 or 5 0.7 2.7 5
Sony Alpha A-700(新ファーム) 3 or 5 2 (3fr) 4 5
Sony Alpha A-850(新ファーム) 3 or 5 3 (with 3 frames) 6 5
Sony Alpha A-900(新ファーム) 3 or 5 3 (with 3 frames) 6 5
Sony DSC-828 3 1 2  
Sony DSC-F707 3 1 2 0.5
Sony DSC-F717 3 1 2 3
Sony DSC-H1 3 1 2 1.25
Sony DSC-H2 3 1 2 0.8
Sony DSC-H5 3 1 2 0.9
Sony DSC-H7 3 1 2 2.2
Sony DSC-H9 3 1 2 2.2
Sony DSC-H10 3 1 2  
Sony DSC-H50/H55 3 1 2 1.6
Sony DSC-H20 3 1 2 1.8
Sony DSC-HX1 / HX5V / HX9V 3 1 2 10
Sony DSC-HX100V / HX20V / HX30V 3 1 2 10
Sony DSC-N1 3 1 2  
Sony DSC-R1 3 1 2 3
Sony DSC-R2 9 1 8 5
Sony DSC-RX1 3 or 5 1 4 5
Sony DSC-RX100 3 0.7 1.4  
Sony DSC-T7/DSC-T9 3 1 2 1.25
Sony DSC-T10 3 1 2  
Sony DSC-T100 3 1 2  
Sony DSC-T200 3 1 2 2
Sony DSC-T33 3 1 2  
Sony DSC-T500 3 1 2 1
Sony DSC-V1 3 1 2 2
Sony DSC-V3 3 1 2 3
Sony DSC W2 3 1 2  
Sony DSC W80 3 1 2  
Sony W90 3 1 2  
Sony DSC-W150 3 1 2 1.5
Sony DSC-W170 / W290 3 1 2  
Sony DSC-WX1 3 1 2  
Sony NEX-5 3 0.7 1.4 7
Sony NEX-5n(新ファーム) 3 3 6 10
Sony NEX-6(新ファーム) 3 3 6 10
Sony NEX-7(新ファーム) 3 3 6 10
Sony NEX-F3 3 0.7 1.4 5.5
Sony NEX-VG10 3 0.3 0.7 7

続々登場、ブラケット重視機

全メーカー、ブラケット撮影に本気だわ(笑)
最近、新しく登場した中級機以上の新型カメラは、各メーカーともブラケット撮影に力が入っています。
これまで、ブラケット撮影が弱かったCanon、Nikon、Sony、Olympusも含め、デジタル一眼の主力機はほとんど強力なブラケット撮影能力を持っています。
まさに選び放題。待ってたかいがありましたね!

デジタル一眼の推薦機
フルサイズなら、EOS 5DMkIII、EOS 6D。6EV機ならNikon D600かSony A850/900
中級機の8EVなら、Nikon D7100、Pentax K-5、6EVなら、EOS 7D、EOS 60D、Pentax K-30、Sony Alpha

コンデジ推薦機
LUMIX LXシリーズ、Sigma だけが選択肢。PowerShotやCoolPix、Sonyにはブラケットに強い機種が全くない(怒

ミラーレス機推薦機
Olympusはトンデモ機シリーズが登場、また、Sony NEXも、ファームアップで3EVピッチ/3ショットができるようになった。あと、Pentax Qも。すごい充実ぶりです。

Canon Powershotシリーズには、CHDKという隠しファームウェアがあり、これを使ってレンジを青天井にする荒業もあります。EOS 5D/7D/50D/60DにおけるMagic Lantern ファームウェアも同様です。

RAWでいくのなら、(良いRAW現像ソフトがあれば)2EVピッチ/3ショット機でもいけますが、ただし上記の推薦機種は、当然RAWもいけるので、より強力です。
フルサイズ機にフルスペック機能を持ちこんだCanon、ほぼ現行全機種に3EVピッチ/6EV幅を持ちこんだSony、「HDRブラケット」という別メニューで最強仕様をやらかしたOlympus、新型でちゃんと軌道修正したNikon、以前から全機種でハイスペックだったPentaxと、何を選んでも間違いない時代になりました。
(自分の好きな)コンデジ界だけちょっと淋しいぞ!

今年の夏ボーナスは新型カメラ、いきますかな?
 

| ハード・ソフト | 00:42 | comments(25) |trackbacks(0)
HDR : Nik SoftwareがGoogleに買収されて大安売り中!

いや久々にびっくりした。
HDRソフト "HDR Efex Pro" や、カラーレタッチプラグイン "Nik Color Efex Pro" で有名な、Nik Software(にっく)が、Googleに買収されたようだ。
で、Nikの全製品を収容した「お得パック」が、7割引の149$で売り出されるている。
これまで Nik の総販売代理店だった "Too"(何かなつかしい会社)が、「Nik製品取扱い終了」をWebに掲載していて判明した。
いやビックリ。Googleとはこれいかに。
世界最高のIT企業が、今後あのゴミクソな "HDR Efex Pro" をサポートするのかと思うと、気色悪くなります。
最終的には、あの最悪ソフト Picasa に有償のプラグインとして別売される?? それとも例によってフリーに?? 現状ではちょっとわかりませんが、何かよからぬ予感がします。
もしそうなれば、そこら中レタッチ画像のオンパレードになる。。Instagramの(雰囲気だけの)お手軽下手糞写真と同じだね。

久々に吐きそうなニュースでした。
でも、この際だから買っちゃう? 皆様どうしましょう。






http://www.nicksoftware.comのページ。
HDR Efex Pro、Color Efex Pro、Sharpener Pro、Viveza など、有名な Photoshop プラグインのセットが$149ですと。
HDR Efex Pro や Color Efex Pro を単体で買った自分としては、頭にくるやら哀しいやらで、もう何も考えられません。
現状では日本語版は望み薄ね。まあ、気長に待ちましょう。そのうち Picasa のオマケになるかも。



朝日のまぶしいドバイ国際空港。フォーンブースがオシャレ
(注)にNik使って誤魔化してません。こんな色だった。
Pentax K-r / ±3EV RAW3発 / CaptureOneでRAW現像 / JPEG 5点からPhotomatixでトーンマップ / Topaz Adjustでディテールアップ

| ハード・ソフト | 23:17 | comments(11) |trackbacks(0)
HDR : Nik HDR Efex Pro 2

Photomatixの完成度が高すぎて、なかなか出てこなかった「もう一つのHDR作成ソフトウェア」なんですが、ようやく有力な候補が現れました。
その名は、"Nik Color Efex Pro 2"。
前に、鳴物入りで登場し、shockatzが速攻で買ってしまってから、あまりのソフトの出来の悪さに罵詈雑言の嵐となった、あの Nik HDR Proの新バージョンです。


スタンドアロンでも、プラグインでも動作


このソフトが非常に変わっているのは、独立したプログラムが、Photoshopのプラグインや、外部ツールとして動作するところです。
プログラム自身は、ブラケット露光された画像からトーンマッピングを行う、きわめてオーソドックスものなのですが、PHotoshopのプラグインとしてもインストールされ、Photoshopが現在編集中の画像について、HDR Efex Pro 2を起動させることができ、RAW画像や、Photoshopで加工済の画像、32bit画像などに対して、ト−ンマッピングを行うことができます。
なので、Photoshopが取り扱えない、マルチショットRAWなどでのHDR作成は行えません。

大幅に進化したメモリ管理と処理スピード


Nik HDR Proの特徴は、コントロール幅の広い設定パネルと、即時更新されるプレビュー画像なのですが、以前のバージョンはとにかく閉口するくらい重く、遅かったです。
Pentax K-5のJPEG 5発ブラケットなどは、操作中に固まってしまうため、「何じゃこの糞ソフトはRAWからのなんちゃってHDR専門じゃねえか」と怒り心頭だったのを覚えています。
今回のバージョンアップでは、そのあたりが体感速度で50%くらいアップしているんじゃないでしょうか?
また安定性も増し、JPEGブラケットなら難なくこなすようになりました。
Photoshopプラグインからの起動はややモッサリしていますが、いったん動いてしまえば高速に動作します。

何とか使えるズレ補正と動体ゴースト自動除去


最近の自分のワークフローは、ズレの補正と動体ゴースト除去を、HDR処理の前に済ませる方針のため、この機能は全く不要なのですが、前バージョンで全滅だったことを思えば、ずいぶん良くなりました。ただ動体ゴースト自動除去に関しては、このソフトはRAWブラケットからのHDR作成ができないので、移動物が大きかったりすると、ほとんど使い物にならないと思われます。

Topaz Adjustいらずの強烈なパラメタ設定パネル


作例はTopaz Adjustを使わず、Nik HDR Efex 2だけで仕上げたものです。
このソフトの設定スライダは種類が多いうえに効きがよく、画像そのものの仕上がりに関わるコントロールが多いので、「見た目」に関して演出の幅が広いです。
おとなしめのフォトリアルな表現から、ギンギンに絵画風、銀残しやモノクロまで、これ一本で可能です。個人的には、グランジ=汚しっぽい効果がとても気に入りました。
あと、仕上がりがPhotomatixにくらべてかなりシャープで神経質な感じ。HDR特有のボンヤリした感じがありません。これはいい。

Photomatixとの比較では


動作速度、仕上がり、操作性ともPhotomatixがやや上ですが、製品の品質感(Photomatixのシェアウェア然とした感じに比べて商品ぽい)、プレビューの精度が高いこと、演出の幅広さ、Photoshopとの連携による処理の柔軟さなどを考えると、いい勝負になると思います。
Nikは高級アマチュア御用達の画像処理ソフト会社ですし、製品の質感は非常に高いので(値段もやや高いですが)、持っていても損はないソフトだと思います。



パリ・北駅の発車時刻表
Pentax K-r / オートブラケット3RAWから4JPEGにCapture OneでRAW現像 / Photoshop上で動体ゴースト除去 / Nik Color Efex Pro / Photoshop CS6で仕上







| ハード・ソフト | 00:48 | comments(6) |trackbacks(0)
HDR : Rawミックス撮影法!(4)
Large Photo
IMG_0029_s : photo by shockatz

PhotoshopによるマルチショットHDR画像のアラインメントと動体除去

ということで、PhotoshopによるHDRマルチショット・ブラケット撮影画像アラインメントと動体の除去についての説明です。
何回もいいますが、「こんな面倒なことをしなくてもPhotomatixで全部自動やん」という意見もあるし、自分でもかなりそう思います。
でも、今まで叫んできた問題点、
・全部Photomatix任せでいいんか?
・そんなRAWだらけにして幸せか?
・RAWまで撮ってPhotomatixの品質で満足か?
という疑問にぶち当たったら、もうダメでしょう。やはり使い慣れたPhotoshopで、高品質なHDR合成の前処理をしたいわけです。
そもそも、Photomatixは大人しくトーンマッピングだけやってればいいのです。
そういう意味で、この方法ならアラインメントやゴースト除去機能のない、Photomatix以外のHDRソフトにも応用できるし、トーンマップ前にいろいろな画像修正をほどこすこともできる。
「お気軽に」という意味では間逆のソリューションですが、こういう方法論があってもいいと思います。
てか、仕上がりはこっちのほうが上では?

Step1 複数画像を読み込んでアラインメントを取る

前回までのチュートリアルで作った、「マルチショットRAW現像・明撮捨て」の画像を用意します。
ご覧の通り、パリの北駅の早朝。暗い場所に朝日が差し込むといういやらしいシチュエーションであります。
当然、三脚なんか立てられません。望遠レンズで手持ち。普通ならこんなもんHDRで撮れません。
Photomatix CS4以上で試しました。以前のバージョンはいっさい考慮していませんのであしからず。
メニューから「ファイル」->「自動処理」->「Photomerge」を選んで、フォトマージ画面を開きます。
「Photomerge」というのは、よく「パノラマ画像作成」とか「集合写真の眼開け合成」なんかに使われるアレです。
普通は、露光条件の整ったショットを重ねるために使うのですが、これを、ブラケット画像の位置あわせに使う。
試してみるとわかりますが、ものすごく高精度にあわせます。周辺部なんか幾何学的に歪ませます。
Photoshop5や6ではもっといいかもしれません。

ダイアログから、複数画像を選んで「OK」を押します。
しばらく処理時間があり、全部の画像が変形されて揃えられます。この例だと一番暗い1点だけでいいのに、律儀に全点数処理します。位置あわせはこれで完了。

Step2 動体部分の除去



次に動体部分の除去に移ります。
標準ショット+暗現像を上、暗ショットを下にしてレイヤを構成します。標準ショットの標準撮影とライト現像には動体がないので何もする必要はありません。
標準ショット+暗現像レイヤにレイヤマスク「全ての領域を隠す」を付加します。



描画色を「白」にして、レイヤマスクにブラシで「穴」を開けます。絵柄にもよりますが、下の「動いている」部分をぎりぎり隠せるようなレイヤマスクが理想ですが、多少甘くても構いません、Photomatixの合成よりずっとキレイだと思います。こんな感じに上の絵が下を覆うような感じ。



そののち、レベルを調整して下絵部分の明度にあわせ、2つのレイヤを統合します。 手順を書くと面倒そうですが、やってみると簡単に終わります。また、PENTAX K-rのような3ショットタイプのほうが枚数が少ない分、手順的に楽です。

Step3 レイヤを個別ファイルに書き戻す

「ファイル」->「スクリプト」->「レイヤをファイルに書き出し」で各レイヤをファイルに書き出します。

Step4 各ファイルをPhotomatixに読込む

完成した複数点の画像をPhotomatixに読み込みます。


当然、「アラインメント」はなし、「動体ゴースト除去」もなしです。
また手動生成した画像なので、合成時の露光差は個別に指定します。一般的な傾向として、ピッチを広く指定すれば絵柄にコントラストがつきますが、その分、グラデーションの滑らかさは失われます。
自分の感覚では、動体ゴースト除去は基本的に手作業で行ったものと同じことをPhotomatixがやっているようなもので、さすがに人間様が手で指定したほうが仕上がりはきれいだと思います。
(Photomatixは合成時の自動マスク生成がかなりいい加減で、移動物がちょっと大きかったり、今回のように散らばっていると、大胆にも巨大エリアを上書きします。それHDRじゃなくてMDRや)
トーンマップ完了後。動体部分はぴったり揃っています(当然か
また、ハイライト側のレンジはさすがにダークショットを使っていることもありバッチリ。
今回のサンプルは暗い部分の調子が多く、実はサンプルはカメラブレで少し酷かったのですが、何とかまとまりました。
チュートリアルはもうちょっとマシなサンプルでやらんといかんですね。反省(オイ

作例写真:
例によってパリ北駅にて。
Pentax K-r / Tam 18-250mm / ±3EV 3Shot RAW / RAWミックス(Capture One RAW現像+明撮捨て) / Photomatix / Topaz Adjust
ピンが甘かった! ゴメン!




| ハード・ソフト | 17:42 | comments(14) |trackbacks(0)
HDR : iPhone4SのHDR(1) 標準アプリのHDRをレタッチ
Large Photo
IMG_0029_s : photo by shockatz

実は、携帯電話のようなガジェット類は、あまり好きではありません。
なんかすごくイージーでチープな感じがして、iPhoneがブレイクして、HDR撮影が流行っても、すごく冷やかに見ておりました。
ていうか、ショボいHDR写真で、「もうPCでレタッチ不要」とか、「コンデジ死亡」とか、そんな記事ばっかり注目されると、HDRerとしては、正直に評価する気持ちになんかなれないよね。
だけど、写真と全く無関係の分野で、どうしてもiPhoneが必要になり、この前、iPhone4Sを買いました(遅っ
いちおうHDRerのハシクレなんで、いろいろと弄っています。
で、iPhone4S付属のカメラアプリのHDRモードで撮ってみたら、なかなか面白いという話。

iPhone 4SでHDRを作るには

大きく3つの方法があるような気がする。
■iPhone標準のカメラで撮影し、カメラ内合成で「なんちゃってHDR」にしてPCでレタッチする。
■AppStoreで販売されている、やや高機能のカメラアプリでブラケット撮影し、PCでHDRにする。
■AppStoreで販売されている、HDRアプリで撮影/HDR化する。
で、今回はiPhone標準のカメラで撮影する方法を試してみた。

iPhone標準のカメラは超イージーだが相応のレタッチ必要、Topaz必須だね

iPhone 4Sの標準カメラアプリでは、HDR撮影をデフォルトでonにできる。
このHDRモードの内容は、高速3連射による明暗ブラケットで、仕上がりはお上品路線。
当然、PCでレタッチすることになりやした。
画素数は約800万画素。けっこうあるやんけ。
自分は一眼にしても、コンデジにしても、カメラ内HDRというのは全く認めていなかったのだが、スマホでこれが出来るのは正直言って舌を巻いた。
ただ、高速連射性能は酷く、動体は盛大にゴーストが出るし、位置あわせ精度も何かテキトー。
画面の周辺部は盛大に二重像になってまう。あと、暗部の描写は全然ダメ。
(あくまで高級クラスのコンデジとの比較ですが、PCで見るとバレバレ)
なので、日中に撮影し、HDR合成ずみ画像をPCに転送し、Topaz Adjustなどで弄ることになる。
所詮は「HDRモドキ」なのだが、ハイライト・シャドウの調子はけっこう残ってます。TopazやLucisで引っ張り出してやると見事にモコモコ。
Appleて、さすがわかってるわ。ソフト作った奴は偉いよね。
ダイナミックレンジ拡張をかけたコンデジの写真より、レンジは広いです。
明るい場所ならけっこう画質はいい。かなり強い画像処理がかかった絵ですが、くっきり感がHDR化に良く合うし。
また、スナップ性能がきわめて高いので、iPhone4Sでしか撮れない写真があることを発見した。
こりゃ面白いす。癖になりそう。

次回は「ブラケット撮影による本格的iPhone HDR」でいってみます。


作例写真:四国某市の路面電車内
iPhone4S 標準Cameraアプリ(HDRモード)
PCにてTopaz Adjust / Topaz Clean使用。
けっこう写るやろ! 条件によっては下手なコンデジよりずっとHDR撮影に向いている。
| ハード・ソフト | 20:48 | comments(12) |trackbacks(0)
HDR : Rawミックス撮影法!(3)

4 RAWミックス撮影法

そんなこんなで、「動体撮影に対応」し、「ブラケット撮影の重厚さ」があり、「手軽に撮影」できて、「保存が手軽」な、以下の方法を提案します。
これはRetouchWorldの掲示板で議論されていた方法論に、自分で少し手を加えたものです。以前に、「Dynamic Photo HDR」を使った画像ズレの補正を提案しましたが、そこから一歩進んでいます。 要点は次のようなものです。
■撮影はブラケットRAW、できれば手持ちで行う
■ブラケット撮影のうち、ライトショット(明撮)は捨てる
■複数点のRAWを現像する
■ズレ合成と動体ゴーストの除去をPhotoshopで行う(ただし手順は大幅に簡略化)
■トーンマッピングは、上記で作ったJPEGから行う
■RAWは不要なので全部捨てる
おお、何と面倒くさい! でも思い切りエコな方法です。うまくやれば「Photomatix任せっぱなし」よりはるかに高品質の仕上がりが得られます。
で、手順を順番に説明します。

5 撮影 RAW+オートブラケットで撮影する

撮影はめいっぱいのレンジで、RAWでオートブラケット撮影します。
このとき、露光は必ず、「標準露光ショットについて、最も明るくRAW現像した結果が黒ツブれない」くらいにします。
ほとんどは、標準露光+0.5〜1EVくらいの露出補正になるでしょう。夜景なんかではもっと上げてもいいです。
ブラケット露光は3ショットでも5ショットでもいいです。
自分のカメラはPENTAX K-r。±3EVピッチで3ショット撮影ができますので、そのまま最大レンジで撮影します。

6 前処理 RAW現像する

自分の持っているRAW現像ソフトの最大のレンジで、標準ショットを3点現像します。
自分の場合、CaptureOneを使っているので、0EV、2.5EV、-2.5EVの3点になります。
また、明撮(ライトショット)はほとんどの場合、捨てます。
このショットは、シャッター速度を落とすなりISOを上げるなりして撮られたショットで、動体などは完全にブレていることが多く、条件によっては仕上がり品質を落とします。
(シャドウが極端に暗い、つうか露出を間違えた場合は、これも使いますが) 暗撮ショットは0EVとか-1EVとかでRAW現像します。必ず、空など広い範囲の明部の色が飛んでいない画像をつくります。
自分は暗撮ぼ現像時、色を派手目にしています。

自分が使っているRAW現像ソフトは、PhaseOne社のCaptureOne Pro 6.2です(たかがHDRにちょっと贅沢か)。
RAW画像を開いた瞬間、カメラプロファイルとISOを勝手に読んで、ノイズフィルタを勝手にセットしてくれます。
この他にも、手動でノイズパラメタを調整したり、あまり手間をかけなくてもキレイなRAW現像ができます。
「明撮=ライトショットは捨ててもいい」という発想は、最近の低ノイズ・デジカメとRAW現像ソフトの進化を見ての判断です。PENTAX K-r、CaptureOne Pro 6.2は、どれも優秀な製品だと思いますよ。
(少なくとも数年前の製品とは明らかに品質が違います)
こんな感じで一気にRAW現像します。ちまちま一点ずつやるのは性に合いません。
CaptureOne ProのRAW現像はマルチスレッド動作で速いです。
自分はこの時点で、RAW画像を全部捨ててしてしまいます。どうせHDR用の元絵だし。

こうやって作ったJPEGですが、手持ちなので当然、絵がずれていますし、人物などの動体は移動しています。
普通ならこれをPhotomatixに入れるところを、Photoshopを使ってズレ補正と動体合成を行います。

HDR : Rawミックス撮影法!(3)に続く(長い)

作例写真:

富山地方鉄道の「定年退職後再就職した」列車。西武のレッドアローと京阪の特急。
まだまだ現役。ちょっといいね!
Pentax K-r / ±3EV 3shot RAW(RAWミックス法) / CaptureOne / Photomatix / Topaz


| ハード・ソフト | 21:42 | comments(15) |trackbacks(0)
HDR : Rawミックス撮影法!(2)

HDR : Rawミックス撮影法!(1)から続きます。

2 はたして、RAWブラケットは万能か?

自分は例によってへそ曲がりなので、大いに疑問に感じるわけです。その理由は、

RAWブラケットのサイズにかかわる問題

■サイズがでかい。1600万画素機のRAWは24MBもある。Pentax K-5など、ブラケット露光5点で軽く100MB超える。
Nikon D800など恐ろしい。
■安物のPCではPhotomatixでトーンマッッピング合成できない。俺の愛機Windowsが落ちまくる。合成中に吹っ飛んだりする。
■Photomatixはまだメモリ管理がいいほう。ゴミなソフトの代表、Nik HDR proなどでは最初からから合成すらできない。
■保管作業が大変。K-5の例で、DVDに150ショット、つまり30シーン保存するのが精一杯! 何じゃこれは。

RAW画像のブラックボックス性に関する問題

■RAW画像は編集できない。現像できても、修正保存できない。Photomatixにかける前に内容を編集できない。

Photomatixは好きだが信頼性が低い

■RAW読込みが信用できない。いろいろなカメラにどこまで対応しているのか?
新型カメラへの対応は早いが、そもそも無視されるカメラがある。すごく適当。
(Lumix LX3のRAWはいまでも読めないオイ)
■PhotomatixのRAW現像は信用できない。
ノイズが多く、歪曲も補正されてない。RAW現像は専用ソフトだとカメラうやレンズ別のパラメータがつく繊細な作業なのに、読み込みが異常に速い。絶対テキトーに読んでいる。何も考えていないっぽい。
■マルチショット合成が信用できない。
動体が大きいと、合成に失敗して滅茶苦茶になったりする。
■動体ゴースト除去が不安。
動体の跡を消すため、不必要に広い面積を1点のRAWでまかなっている気がする。
なので、動体ゴースト面積が大きくなると、急に仕上がりが大人しくなって、RAW一発と大差なくなる。

などなど、不満はつのる一方であります。

極論するなら、こういうことですな。

■RAWは編集できない(から嫌いだ)
■データが大きすぎる。たかがHDRに
■PhotomatixのRAW現像はいい加減
自分のカメラの腕は別として。。。。

3 なら一枚RAW使え! JPEGブラケットは? カメラ内HDR合成は?

これまで何度も主張している通り、RAW1枚からRAW現像した複数ショットでは、リッチなトーンは得られません。
我々は上品なHDRを撮りたいわけではない。マルチショットRAWの濃厚テイストを見たら終わり。
マルチショットJPEGでは、動体が大きい場合に間違いなく破綻する。
カメラ内HDRで撮るなんて論外です!

なのでなので、何か別の方法論を考えなければなりません。(前置き長し)
HDR : Rawミックス撮影法!(3)に続きます。

作例写真:

その昔、モネが描いたパリ・サンナザールの駅。近郊列車しか発着しない池袋みたいな駅だが、昔のホームはそのまま健在。
Pentax K-r / ±3EV 3shot RAW(RAWミックス法) / CaptureOne / Photomatix / Topaz
| ハード・ソフト | 12:01 | comments(6) |trackbacks(0)
HDR : Rawミックス撮影法!(1)

ここんとこずっと、これまで試したいろんな撮影法のまとめをやってまして、なんかうまい事いきそうなので、新しい撮影・処理方法としてまとめてみます。
(書いておかないと自分でもわからなくなる)
自分は思いっきり理論派なタイプで、「イジってたら何か出来たやあ」などという偶然のプロセスを一切認めません(キリッ。
手順をはっきりさせ、できるなら撮影から仕上げまで、自動処理で完了したいと思うタイプです。
早い話、撮影がいい加減なので、処理くらいは毎回同じ手順でいきたいな、と思っています。
例によって、HDR!、ブラケット!、なんとかEV!と連呼する記事で、長くなりそうなので何回かに分けて掲載します。

1.Photomatixの進化と撮影法の進化


これまで延々といろんなHDR撮影法を試してきましたが、いつも、トーンマッピング処理の神ソフト、Photomatixのバージョンアップが契機になって、方法が変化してきました。
最初はV4.0で実現した、ブラケット露光間の画像ズレの自動補正です。
それまで、三脚必須だったHDRの撮影が手持ちでOKになり、撮影範囲が一気に広がりました。
最初のころは「精度悪い」とかいろいろ悪口言われましたが、現在、HDR撮影で、三脚は夜景や超望遠以外にほとんど使われてませんよね(三脚厨涙目)。

次はV4.1で実現した、「動体ゴーストの除去」機能。
「動体」、つまりHDRにとってどうしても必要なブラケット露光の間に動いてしまった物体の画像を、自動検知して除去するというものです。
これも、除去した跡が残るとかいろいろありましたが、先達(つうか新しモノ好き)のHDRer皆様の研究の結果、「RAWブラケットで撮ってあれば跡はあんまり残らない」ことが実証され、一気に広がりました。
自分みたいに他人様にカメラを向けることが趣味の人間には、これはまさに大ショックな出来事で、それまで一生懸命に研究してきたことが、トーンマッピング専用の、しかもたかだか一万数千円のソフトのバージョンアップで、まったく不要になったことに強い衝撃を覚えたものです。

2.RAWブラケット撮影法の台頭


んで、最近は皆さん、HDR作るための撮影はRAWブラケット撮影ばっかりです。
RAWブラケットだと、あまり露光幅のないCanonの旧型機やNikon、オリンパスなどでもけっこう露光幅を稼ぐことができ、コテッとしたHDRが作れます。
もちろん、Pentax K-5みたいなブラケット神機なら、±2EV、5ショットRAWなんてとんでもない撮影ができるので、いっそ露出設定も不要では? といった信じられない撮影法が幅をきかせています。
これに三脚からめて、さらに上下を撮影するトンデモ撮影法もあります。

よって整理しますと、現在の撮影〜HDR作成のスタンダードは、
・RAWで撮る
・最大露光ピッチでブラケット撮影(3から5枚)
・PhotomatixにRAW群を喰わす
・動体ゴースト除去ONでトーンマッピング
です。
これで、一部の某ソニー機(あ奴らは何世代になってもいまだに。。)以外なら、問題なくHDRが撮影できます。

この方法、結構完璧に近いです。仕上がりは本当にリッチ。ゴテッとした空、明暗間の狂った不思議なトーン。人物のブレも、被写体が大きくなければあまり目立たず、まず大丈夫です。

動体がない場合はもちろん、従来からのJPEGブラケット撮影でもOKです。
ただ、この方法だと、一部のPENTAX機(K-5/K-7/K-20/K-10)のブラケット能力を除いては、露光幅が不足します。
これまで、一部のPENTAXユーザに独占されてきた分野が、他のカメラユーザにも開かれたのです。

でもこれじゃ面白くねえ、と思いません?w



2に続く

写真:真っ暗だった新大阪駅ホーム。これは難しかったです。暗い中の大逆光大会。
でも、こういう場所での人物コミのスナップが撮りたいのですよ。
精進あるのみですな。

Pentax K-r / ±3EV 2ショット(RAWミックス)/ Tamron 18-250mm / Photomatix Topaz
| ハード・ソフト | 23:42 | comments(7) |trackbacks(0)
ブラケットとRAWはどこまで違うのか

知ってるようで知らない、RAW一発の品質


前回の記事画像をネタに、RAW現像した画像と、ブラケットで撮った画像を比較してみた。
Photoshopのようなソフトで拡大版を見れば一目瞭然なのだが、「ブラケット撮影」と「一発RAWからの明暗現像」には、とても大きな差があるように思う。
最新型の低ノイズ・高感度機でもこれだけの差。古いタイプのデジ一眼ではもっと差は大きいとのではないかと思います。



ノーマル露光のRAWを±0EVで現像。シャドウが露光不足になると致命的なので、少しオーバー気味に撮っている。

ノーマル露光のRAWを-2.5EVで現像。予想したとおりハイライトは全部飛んでいる。完全にレンジ不足。
これだけの面積ならばほとんど気にならないが、空の面積が広いと致命的だろう。

ノーマル露光のRAWを+2.5EVで現像。シャドウは潰れなかったが、どうしてもノイズが入るため、ノイズ処理を強めにかけてごまかした。


-3EV露光のRAWを±0EVで現像。普通ならこれでほとんどの空はOKなはずだけど、まだ空は真っ白。

-3EV露光のRAWを-2EVで現像。やっと空の青が出た。ノーマル露光のRAWからではどうやってもこのショットは作れない。
このようなシチュエーションによっては、暗撮ショットにもRAWが必要なのがよくわかる。

+3EV露光のRAWを±0EVで現像。シャッター速度が低下するので、カメラブレが出やすい。また人物もブレる。動体ゴースト除去で最も問題になるケース。


ノーマル露光のRAWを+2.5EVで現像の部分拡大。

+3EV露光のRAWを±0EVで現像の部分拡大。こまかい部分の描写がかなり違う。ただし、人物の周辺だけはそんなに違いはがない。

RAW HDRの「こってり感」不足の原因はハイライト側のレンジ不足


テストでわかる通り、1ショットRAWだけでは、満足する結果は得られないように思う。
ハイライト側のディテールが不足しているため、空を「ズン」と落とした、リッチなトーンが得られないためである。
なので、1RAWだと「あっさり目」に仕上がりしかえられなくなって、いきおいレタッチ作業に走ることになる。
ただ、ハイライト側以外は特に問題なく使えそうである。

HDR生成の破綻はシャドウ側のレンジ不足


サンプルでは補正版を載せたが、最初、RAWから現像したライトショット(明撮)には、かなり強いノイズがあった。
これを使ってトーンマップすると、中間〜シャドウ部がザラザラになり、HDRの品質が極端に低下した。

ブレを取るか、レンジを取るかが悩ましい


ただ、マルチショットのライトショット(明撮)は、カメラや被写体のブレが酷い。夕方や雨の日など、露光条件が悪いと、シャッター速度はさらに遅くなる。もしRAW現像ショットをとるならば、相当気合いを入れてノイズ除去に取り組む必要がある。

RAW一発撮影からのHDR制作はダメか?


ダメです。
晴天の順光、曇り空、光の回った室内なら、何とかモノになるかもしれないけど、そんな簡単な光景をHDRにしても意味不明。JPEGからのフェイクLDRでもあまり変わらないと思われます。
晴天時は空や窓の外が吹っ飛ぶ。夜景では闇が潰れる。どちらか、あるいは両方を考慮すると、最低2枚、できれば3枚のRAWショットが必須でしょう。

で、このテストを踏まえて、どうするか?
続きはまた先に延ばします。

| ハード・ソフト | 00:36 | comments(2) |-
Canon一眼レフのHDR撮影に、Magic Lantern

Magic Lanternって知ってる?





Magic Lantern Firmware Wikiを見てくらはい。

Magic Lantern(マジック・ランターン)とは、CanonのDSLR(Digital Single Lens Reflex camera:一眼レフ)にアドオンするファームウェアで、以前紹介したPowerShotやIXY Dogital用のアドオン・ファームウェア、"CHDK"の一眼レフ版に相当します。
現在、主に3つのバージョンで開発が続けられており、対象機種は、
EOS 5DMkII
EOS 60D、EOS 50D
EOS Kiss X3、EOS Kiss X4、EOS Kiss X5
となっています。このうち、5DMkII、50D60D、Kiss X4が主力ターゲットで、Kiss X5にはまだ未実装の機能があり、50D、Kiss X3は一部機能未実装のままオワコン状態?、また5DMkIIにはさらに高機能の別バージョンが存在します。
実は以前、まだバージョンが極端に低かった時に、借物のEOS Kiss X3に内緒でMagic Lanternを入れた記憶があるのですが、当時は「動画専用」のファームウェアで、現在とかなり内容が異なっていました。
また動作もきわめて不安定で、当時すでに使い物になっていたCHDKと比較して、がっくりした記憶があります。
ところが、最近Flickrで知り合った英国人(こいつなぜか日本語が読めるらしい)から、「お前はブログでPentaxばっかアホみたいに礼賛しているが、キャノンのHDRならMagicLanternをなぜ出さないこのジャップ(半分英語・意訳)」とお叱りを受け、「ありゃ動画専用だろうがに」と反論したら、「オーマイガッ!お前英語を読めんのか!(半分英語・意訳)」となって、久々にドキュメンテーションを読み、赤っ恥をかきました。

しれっと書いてある最大5EVピッチ9連写!





で、仰天。
機種によって固有差があるらしいのですが、「Magic LanternのHDRerむけ機能」として、「最大5EVピッチ+9連写」とか、もっと読んで行くと「スクリプトで制御可能」とか、とんでもないことが書いてあります。
この連写機能、以前、CHDKでやったときは、カメラを「連写モード」にして、まるでセルフタイマーでも切るようにインターバル露光していたため、1秒1ショットという低速レリーズだったのですが、今回もそうなのかは全く不明です。
考えてみればHHDKのブラケット機能は、画像処理エンジンDigic III上でBasicスクリプトを走らせて実現していたもので、撮影バッファ容量との関係で、安全なインターバルをみてあり、遅いと言えば遅いのですが、その分多機能なので文句なかったです。
また、CHDKではRAWブラケットも不可能でした(JPEGブラケットで、最初の1発をRAW同時露光にすることはできた)。
自分にもっと技術力があれば、3発RAWでブラケットするとか、色々考えられたんですが、そこまで突っ込む力がなくて。。すいません。

もし、この連写機能がスクリプトでなく、カメラ本体の連写機能そのものを使用しているなら、たとえばEOS Kiss X4でも3.7fpsとかでブラケットできるし、RAWやRAW+でブラケットできるわけで、そりゃ大変だ、と思ったりします。
やはりスクリプトとセルフタイマーを使った連写のようです。ただ、CHDKと異なり、RAWは純正仕様で保存できるようですな。

そもそも、キャノンのデジタル一眼レフは、
・画素数がデカい
・RAW現像の対応ソフトが多い
・タイマやリモート撮影のアクセサリが多い
・サードパーティー製の怪しい周辺機器が豊富
と、自分のようにマイナーなPentaxユーザにとって垂涎の特徴が数多くあります。羨ましい

なんか恐ろしいことが書いてあるインストールマニュアル


いきなりの書き出しで、"THIS IS DANGEROUS AND MIGHT DAMAGE YOUR CAMERA."とあり、よく読んでみるとブ−トに失敗すると、(ショートしたみたいになる?)猛烈にバッテリーを消費し、発熱でLCDが変色するかもしれない、と書いてあります。
でも、そんな事、マザーボードのBIOS書き換えにだって書いてあるし、LCDなんか変色したってヒビ入ったって、見えればそれでいいじゃないかと思ったり、キャノン機なら安い互換バッテリーが山ほどあるので、バッテリーの5つや6つ壊れてもなんじゃい、と思ったりします。(オイオイ

カメラ内HDRは何とEnFuseライブラリ


EnFuseというのはフリーのExposureFusion用ライブラリ(トーンマッピングではありません:念のため)ですが、何とMagicLanternはファームウェアにEnFuseを内蔵しているようです。
ひょっとして各社の「カメラ内HDR合成」も、こいつを使っていたりして。。と思いました。
EnFuseには多彩な設定パラメタがあるのですが、好きに設定できるのでしょうか? なら嬉しいなあと。

チャレンジ! キャノンユーザの皆様


EOSシリーズは何といっても圧倒的にユーザが多く、自分的には日本のデジタル一眼ユーザの半分以上がEOSユーザのような気がしています。
いままで、正直キャノンはブラケット撮影のHDRに熱心でなく、±2EVピッチで3連写という、ごくごくふつうの連写能力しかなかったために、ブラケットHDR撮影を断念していた人も多いんじゃないかと思います。
キャノンの一眼レフは、最近になってEOS 7D / EOS 60Dで、±3EVピッチのブラケットができるようになったばかりで、これまで救済のなかった、EOS Kissや50D、そして5DMkIIユーザには朗報でしょう。
なので、この「Magic Lantern」の存在意義は大きい、と?

Magic Lanternの「本来の売り」動画撮影能力(こちらではHDRの機能しか紹介しないので、あとは自分で読んで)はもちろん、ブラケット撮影能力のことだけ考えてもチャレンジする価値はあるのではないでしょうか。
ただしあくまで自己責任。奥様のKiss X4なんかをブチ壊したら恐ろしいことになりそうですね。

え、さんざん煽ったお前はチャレンジしたのか、と?
PentaxはK-5でもK-7でも、標準でそれくらいのブラケット能力があるので、別に
そのうち試してみます。誰かEOS 50Dとか貸してください。

↓のメニュー画面を見ていると、モーションディテクトやら、タイムラプスやら、恐ろしい機能がいっぱいあります。手を叩いてシャッター切る??? オイ


| ハード・ソフト | 20:00 | comments(12) |trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
LINKS
RECENT COMMENT
  • 2013年度版 各社カメラのHDRオートブラケット撮影能力リスト
    宮島あたり (04/18)
  • 2013年度版 各社カメラのHDRオートブラケット撮影能力リスト
    shockatz (01/09)
  • 2013年度版 各社カメラのHDRオートブラケット撮影能力リスト
    谷田部 (01/03)
  • HDR : RAWブラケット対応のコンデジもっと出しやがれ
    JPEGRAW (12/03)
  • 2013年度版 各社カメラのHDRオートブラケット撮影能力リスト
    itokawa (11/12)
  • 2013年度版 各社カメラのHDRオートブラケット撮影能力リスト
    hinimaru (09/04)
  • HDR : RAWブラケット対応のコンデジもっと出しやがれ
    shockatz (07/08)
  • HDR : RAWブラケット対応のコンデジもっと出しやがれ
    セブン (07/07)
  • HDR : RAWブラケット対応のコンデジもっと出しやがれ
    shockatz (07/06)
  • HDR : RAWブラケット対応のコンデジもっと出しやがれ
    doiken (07/06)
RECENT TRACKBACK
Windows Vista
モバイル
qrcode
PROFILE
SPONSORED LINKS