| main |
| main |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - |-
HDR : RAWブラケット対応のコンデジもっと出しやがれ

2013年版のブラケット機能付きカメラ白書を編纂(というか勝手に無断転載・加筆)して痛感したことは、一眼レフとミラーレスのブラケット撮影機能の大躍進である。なかでも、ミラーレス機のブラケット能力アップは本当に喜ばしいことだ。

ところが、オイラの大好きなコンデジ分野は、正直言ってメーカーに全くヤル気がみられず。±3EVピッチでRAW撮影ができる機種はいまだにPanasonic Lumix LXシリーズと、Sigma DPシリーズぐらいである。
昨年くらいから雨後のタケノコのように出てきた、Fuji、Nikon、SONYなどの高級コンデジは、HDRのような「下品な」写真分野では使い物になりまへん。
もちろん、この他に、Canon PowerSho/tシリーズのようなカメラは、CHDKという改造ファームウェアが使え、上下限制限のない「青天井ブラケット」が使えるのだが、やはりメーカーがきっちり調整した、カメラの最高機能を使いきるブラケット機能は魅力である。

コンデジの何がいいって、
・出張に気軽に持っていけ、陸橋でパチリ
・人中で構えてもあまり違和感がない
・変に構図に凝らず、撮影が速い
・(高級コンデジなら)明るい場氏の写りは一眼に負けない。いや負ける。
・CMOSが小さいので被写界深度が深い。

などいいことずくめなのだが、各メーカーは何をトチ狂ったか、撮像素子を大型化して被写界深度を甘くし、レンズを明るくして大型化することばかり熱心で、電子機能はそっちのけの状態。

とか何とか言って、自分Lumix LX7に買い替えていません。LX3のまんま、結構愛用して使ってます。良く写るし、LEICA D-LUXと同じ機種で、同じくヨーロッパ製のRAW現像ソフト(CapturePne)との相性がいいんで。


作例 : Panasonic LUMIX DMC-LX7 公開サンプルからMDR
1shot RAW 撮影 / CaptureOneにてRAW現像 明暗3枚 / 動体手動補正








ADD No Thanks
| シングルショット RAW / MDRフェイク | 01:45 | comments(5) |trackbacks(0)
HDR : Topaz Adjust号泣

前々から言っていることだけど、HDRやTopaz Adjustの仕上げは、子供の写真にとても向いている。
特に赤ちゃんが良い。

赤ん坊の愛らしい(?)、やわらかそうな顔に、HDRの深いコントラストと陰影を与えると、どうなるか。
大人の顔は普通、「脂ぎった」バタ臭い顔になるのだが、同じことかも。
本来見えなかった、皺や質感が現れて強調され、似ても似つかぬ顔になる。
自分は「朝青竜エフェクト」と呼んでいるが、何かクソ生意気な悪党っぽい顔になり、全く可愛くなくなるから不思議だ。
ひょっとしたら本性が現れたのかもしれない。奴等は自分勝手でワガママの塊で、きわめて仲間に残酷だ。

作例はストロボ一発を天井バウンスでRAW撮影し、手動RAW現像してHDRした。光が回り込んでいると、RAW一発でも十分レンジに収まる。
見事に顔がクシャクシャになって、涙やらヨダレやら強調してwwwww
両親が見たら激怒するやろけど、(どうせ見てないし)自分的に面白くなったショットなので公開しちゃう。

Pentax K-5 / 1shot RAW (ストロボ一灯バウンス)/ CaptureOneにて3JPEGに現像 / PHotomatix / Topaz Adjust / Topaz Clean

| シングルショット RAW / MDRフェイク | 23:17 | comments(4) |trackbacks(0)
MDR : 新しい画像処理エンジン+RAWを侮っていましたゴメンナサイ


正直言ってRAW-HDRはチェック外


先々月、金沢の「百万石祭り」で適当に撮ってあったスナップです。
Pentax K-r買って(実は)あんまり真面目にチェックしてなくて、『まあこういう内容ならテキトーにRAWで撮っておけばいいかな?』的な発想で撮りっぱなしにしていたものです。
当時、使っていたRAW現像ソフト、PhaseOne CaptureOne ProがK-rに対応していなかったため、いまひとつRAWは重視していませんでした。
以前使っていたK10Dは1,000万画素でRAWサイズ約10MB、これがK-rになると、1,200万画素で約20MB、一気にRAWサイズが2倍になっていました。
ああ、この時に気づいておけば良かったのです。ぬわんと、K-5以来、ペンタのRAWが14bitになっていたという事実。
RAWソフトもなかったし、14bitの効用を大きく取り上げた記事もなかったので、完全にノーチェックでした。。
K-rは12bit機ですが、データ内容が大幅に変わっているような感じがします。

カメラとRAW現像ソフトがアップグレード


で、手元にCaptureOne Proが来て、そのあとPhotomatix Proも4.1にバージョンアップ。役者がそろってから数ヶ月して、やっと試したRAWからのHDR。ああ、なぜもっと早く試さなかったんだろうと大後悔。。
自分はRAWからHDRを作るときはいつも、RAW現像ソフト上で2.5EVピッチで3回現像して3点の画像を作り、ブラケットと同様にHDR合成するのですが、RAWからのHDR合成の一番の問題点は、
・レンジが不足して、白飛びが発生、バーストする
・(特にシャドウに)ノイズが多く、仕上がりが劣化する
で、特に後者の影響が非常に酷く、毎回試してはメゲまくっていました。

今回の最大の改善点は、この「シャドウに乗ってくる盛大なノイズの低減」です。
低ノイズのCMOS、K-rの画像処理エンジン、CaptureOneのノイズ除去アルゴリズム・プロファイル、Photomatix Pro 4.1のアルゴリズム改善など、多数の要素がマッチして、RAW-HDR(つうかMDR)の仕上がりがかなりアップしました。
従来感覚よりシャドウが広がり、いやなノイズが減り、かつRAW現像ソフトが輪郭を維持しつつしっかりノイズ(色ノイズ、明暗ノイズ、1ピクセルノイズ)を抑えるようです。

下手な作例写真を見ていただければお分かりの通り、(多少のスムージングはかけてありますが)シャドウ部分に色ノイズがほとんどないため、強いトーンマッピングやディティールアップをかけても、あまり破綻がみられなくなっており、RAW現像パラメータを若干工夫してやれば、ブラケット撮影と遜色ないトーンが出るように思われます。
(その前に腕が破綻していますがそこはご愛嬌)

以前の機材・ソフトでは、ここまでの仕上がりは無理でした「HDRではRAW一発はまあ緊急避難」という自分の思い込みが情けない。
K-rでこれだったら、K-5の14bit RAWだったらいったいどこまで出てくるんだろう。。すごい気になります。



金沢百万石祭
Pentax K-r / 1shot RAWをCaptureOneで現像3発 / Photomatix合成 /Topaz Adjust + DeNoise

| シングルショット RAW / MDRフェイク | 18:54 | comments(7) |trackbacks(0)
HDR : 新RAWエンジン、おそるべし

Pentax K-rのRAWではじめて真面目に撮影してみた。RAW現像ソフトは、CaptureOneで初めてK-5
K-rに対応した、ver 6.2です。
これまで、ずっとCaptureOneを使っていたのですが、K-r/K-rに対応したバージョンがやっと出た、という感じです。
カメラプロファイルやノイズ特性などが自動でセットされます。
で、RAW撮影をやってみると、これがなかなか大変で。。
自分はブラケット撮影をJPEGで行うんですが、K-rは、カメラのモード設定が貧弱で、いちいちブラケットモードを解除し、撮影モードもJPEGからRAWに変更しなければいけない。
このあたりはK-10のような旧モデルでも、カスタムモードを使って一発切り替えできたので、エントリモデルは悲しいかぎりです。
どこかにカスタムモード機能入れて! PENTAXさん聞いてますかい!

PhotoshopのCamera RAWを使って試していましたが、正直「こんなもんか」とがっかりしていました。自分はLightroomもSylkyPixも性に合わない(なんか遅かったり、バッチ現像が弱かったり、仕上がりが泥臭い)ので、やっぱり慣れたCaptureOneがいいなあと思います。
RAW現像ソフトって、機能に大きな差はないですが、仕上がりの微妙なトーンで印象が変わるので、こういう相性って大事だと思います。

で、結果なんですが、これが以前とかなり違う。
K-10D+CaptureOne5と、K-r+CaptureOne6.2の比較は酷な話なんだけど、体感的にダイナミックレンジが広がったこと、とかく平板になりがちだった露出増減時の仕上がりの違いに目が点になりました。
カメラとソフト両方とも、ノイズリダクションが強力になったせいか、シャドウから「バサバサ」なノイズが消え、絵がずいぶん上品になりました。シャープネスかけてもエッジ出ないし、こりゃいいわ、と。
で、じゃあHDRにしたらどうなるか? 写真は相変わらず下手糞でありやすが、あるていど光の回ったスナップなら使えそうです。
K-5だったらきっと、もっとイケるんでは? と思った次第。
(RAWだとK-5/K-7との差を痛感するぅ)

写真:金沢百万石祭り
Pentax K-r / Tamron 18-250mm / RAW / CaptureOneにて±2.5EV明暗現像、3点HDR合成 by Photomatix pro 4 / Topaz

JUGEMテーマ:写真


| シングルショット RAW / MDRフェイク | 23:02 | comments(10) |-
LDR : 市電はやっぱりいいですね

四国・松山の市電です。
自分が市電の走る町に住んでいるせいか、こういう風景を見ると異様に落ちつきます。
線路は単線、小っちゃいホームがあって、電車はゆっくり、直前横断OKで、走ってくる人がいたら運転手が気を利かせて待っちてくれる。
こんなん乗って会社に通えたら幸せだろうといつも思いますね。
線路の周りもゴチャゴチャして、とてもよろしいと思いますよ。
Finepix 250EXR / JPEG 1Shot nanHDR with Photomatix / Topaz Adjust+DeNoise with Photoshop CS4

| シングルショット RAW / MDRフェイク | 11:33 | comments(12) |trackbacks(0)
MDR : ストロボワーク+HDR

能登七尾・石崎奉燈祭で撮りました。
実は最近、新境地開拓のためストロボを買いまして、失敗作を大量生産してます。
俗にいう「スローシンクロ」というやつで、カメラ側で0.5秒くらいのスローシャッターを切り、途中ピカらせたストロボで静止させた絵を重ねます。
面白いのは、HDRとそっくりの「どう写るのかさっぱりわからねえ」出たとこ勝負のいい加減さです。
で、出来上がった「ブレ絵」をHDR仕上げすると、これまたよくわかりません。
作例ではおそるおそるディテールアップしてみました。

VerUpした、Plug-in版のPhotomatix使ってみました(ライセンス持ってるのにダウンロードしてなかったorz)。
1Shot RAW -> Photoshop Camera RAW -> Tonemapping Plug-in -> Topazというワークフローって、すんごい無駄がなくていいと思いません?
Pentax K10D / Sigma 10-20mm / 1shot RAW / ToneMapping plug-in / Photoshop / Topaz

| シングルショット RAW / MDRフェイク | 18:29 | comments(0) |trackbacks(0)
MDR : 祭りの女どもを銀残し

石川七尾・青白祭でのスナップ。
前から撮ろうとしたら「オッチャン、邪魔」と怒られましたん。
(前のほうで奉納の踊りやってました)
皆さんすんませんでした。
なんで後ろから撮らさしてもらいます。
もっと言ってもらっても♪

Pentax K10D / Sigma 10-20mm / 1RAW / CaptureOneにて-2EVと2EV / Photomatix / 銀残し

| シングルショット RAW / MDRフェイク | 11:06 | comments(4) |trackbacks(2)
MDR : RAWからの作成は逆光酷い

ひさびさにRAWからトーンマップしてみた。
う〜ん、何かこう……いま一つなんですなあ。
写真は石川・七尾の曳山。狭い場所で接近戦のため、近接対人兵器(10-20mm超広角ズーム)を使ったところ、マトモに逆光撮影になって、結果はご欄の通り、空がグレーバーストした(CaptureOneの「ハイダイナミックレンジ」で空もシャドウも補ったんだけどこの通り)。
やっぱり……ブラケット撮影にはかなわないと思います。
でも、そうなると手持ちのズレと人物の移動が。。。
ああああああ悩ましいです。
Pentax K10D / Sigma 10-20mm / 1Shot RAW からCaptureOneで-2〜+2EV 5枚 / Photomatix / Topaz

| シングルショット RAW / MDRフェイク | 23:30 | comments(6) |trackbacks(0)
MDR : プラモの山

静岡市・東静岡駅の駅前に、お台場のガンダムが引っ越してくるというニュースには驚いたが、よくよく考えてみたらバンダイの工場のすぐ近くですね。
写真は5月の静岡ホビーショーにて。
クラブ作品の展示で、小さいプラモデルが所狭しと並ぶ図は圧巻で、人の多さと相まって異様な雰囲気でした。
最近、超広角ズームは接近戦の人物スナップ専用になってしまいました(笑
Pentax K10D / Sigma 10-20mm / 1shot RAW / Capture Oneにて-2〜2EVにRAW現像 / Photomatix / Topaz Adjust+DeNoise

| シングルショット RAW / MDRフェイク | 01:07 | comments(2) |trackbacks(0)
MDR : Su-27 at Japan Hobby Show

親類の葬儀にいったついでに、行ってました。日本ホビーショー2010 in ツインメッセ静岡。
(ツイメッセと同じ町内だったので不謹慎ながらつい)
プラモデルのショーというのをいい年して初めて見ましたが、イベントの規模と参加者の多さにビックリしました。
感想は◎。いい大人が真剣こいて、テクニック本物でプラモを作ったら、こんな凄いものができることに驚嘆。
写真のスホーイなんか、全長50cm以上ありましたぜ。
「模型」を「模型テイスト」で撮ったため、例によってマンガみたいな仕上がりになりました。被写体の皆さんスイマセン。
Pentax K10D / Sigma 10-20mm / 1shot RAW / Capture Oneで明暗RAW現像 / Photomatix / Topaz Adjust+Sharpen

| シングルショット RAW / MDRフェイク | 00:18 | comments(6) |trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
LINKS
RECENT COMMENT
  • 2013年度版 各社カメラのHDRオートブラケット撮影能力リスト
    宮島あたり (04/18)
  • 2013年度版 各社カメラのHDRオートブラケット撮影能力リスト
    shockatz (01/09)
  • 2013年度版 各社カメラのHDRオートブラケット撮影能力リスト
    谷田部 (01/03)
  • HDR : RAWブラケット対応のコンデジもっと出しやがれ
    JPEGRAW (12/03)
  • 2013年度版 各社カメラのHDRオートブラケット撮影能力リスト
    itokawa (11/12)
  • 2013年度版 各社カメラのHDRオートブラケット撮影能力リスト
    hinimaru (09/04)
  • HDR : RAWブラケット対応のコンデジもっと出しやがれ
    shockatz (07/08)
  • HDR : RAWブラケット対応のコンデジもっと出しやがれ
    セブン (07/07)
  • HDR : RAWブラケット対応のコンデジもっと出しやがれ
    shockatz (07/06)
  • HDR : RAWブラケット対応のコンデジもっと出しやがれ
    doiken (07/06)
RECENT TRACKBACK
Windows Vista
モバイル
qrcode
PROFILE
SPONSORED LINKS