<< HDR : 「RAWミックス」撮影法で手持ち望遠HDR | main | HDR : Pentax K-5の夜景ライトアップHDRには文句言えない >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - |-
Canon一眼レフのHDR撮影に、Magic Lantern

Magic Lanternって知ってる?





Magic Lantern Firmware Wikiを見てくらはい。

Magic Lantern(マジック・ランターン)とは、CanonのDSLR(Digital Single Lens Reflex camera:一眼レフ)にアドオンするファームウェアで、以前紹介したPowerShotやIXY Dogital用のアドオン・ファームウェア、"CHDK"の一眼レフ版に相当します。
現在、主に3つのバージョンで開発が続けられており、対象機種は、
EOS 5DMkII
EOS 60D、EOS 50D
EOS Kiss X3、EOS Kiss X4、EOS Kiss X5
となっています。このうち、5DMkII、50D60D、Kiss X4が主力ターゲットで、Kiss X5にはまだ未実装の機能があり、50D、Kiss X3は一部機能未実装のままオワコン状態?、また5DMkIIにはさらに高機能の別バージョンが存在します。
実は以前、まだバージョンが極端に低かった時に、借物のEOS Kiss X3に内緒でMagic Lanternを入れた記憶があるのですが、当時は「動画専用」のファームウェアで、現在とかなり内容が異なっていました。
また動作もきわめて不安定で、当時すでに使い物になっていたCHDKと比較して、がっくりした記憶があります。
ところが、最近Flickrで知り合った英国人(こいつなぜか日本語が読めるらしい)から、「お前はブログでPentaxばっかアホみたいに礼賛しているが、キャノンのHDRならMagicLanternをなぜ出さないこのジャップ(半分英語・意訳)」とお叱りを受け、「ありゃ動画専用だろうがに」と反論したら、「オーマイガッ!お前英語を読めんのか!(半分英語・意訳)」となって、久々にドキュメンテーションを読み、赤っ恥をかきました。

しれっと書いてある最大5EVピッチ9連写!





で、仰天。
機種によって固有差があるらしいのですが、「Magic LanternのHDRerむけ機能」として、「最大5EVピッチ+9連写」とか、もっと読んで行くと「スクリプトで制御可能」とか、とんでもないことが書いてあります。
この連写機能、以前、CHDKでやったときは、カメラを「連写モード」にして、まるでセルフタイマーでも切るようにインターバル露光していたため、1秒1ショットという低速レリーズだったのですが、今回もそうなのかは全く不明です。
考えてみればHHDKのブラケット機能は、画像処理エンジンDigic III上でBasicスクリプトを走らせて実現していたもので、撮影バッファ容量との関係で、安全なインターバルをみてあり、遅いと言えば遅いのですが、その分多機能なので文句なかったです。
また、CHDKではRAWブラケットも不可能でした(JPEGブラケットで、最初の1発をRAW同時露光にすることはできた)。
自分にもっと技術力があれば、3発RAWでブラケットするとか、色々考えられたんですが、そこまで突っ込む力がなくて。。すいません。

もし、この連写機能がスクリプトでなく、カメラ本体の連写機能そのものを使用しているなら、たとえばEOS Kiss X4でも3.7fpsとかでブラケットできるし、RAWやRAW+でブラケットできるわけで、そりゃ大変だ、と思ったりします。
やはりスクリプトとセルフタイマーを使った連写のようです。ただ、CHDKと異なり、RAWは純正仕様で保存できるようですな。

そもそも、キャノンのデジタル一眼レフは、
・画素数がデカい
・RAW現像の対応ソフトが多い
・タイマやリモート撮影のアクセサリが多い
・サードパーティー製の怪しい周辺機器が豊富
と、自分のようにマイナーなPentaxユーザにとって垂涎の特徴が数多くあります。羨ましい

なんか恐ろしいことが書いてあるインストールマニュアル


いきなりの書き出しで、"THIS IS DANGEROUS AND MIGHT DAMAGE YOUR CAMERA."とあり、よく読んでみるとブ−トに失敗すると、(ショートしたみたいになる?)猛烈にバッテリーを消費し、発熱でLCDが変色するかもしれない、と書いてあります。
でも、そんな事、マザーボードのBIOS書き換えにだって書いてあるし、LCDなんか変色したってヒビ入ったって、見えればそれでいいじゃないかと思ったり、キャノン機なら安い互換バッテリーが山ほどあるので、バッテリーの5つや6つ壊れてもなんじゃい、と思ったりします。(オイオイ

カメラ内HDRは何とEnFuseライブラリ


EnFuseというのはフリーのExposureFusion用ライブラリ(トーンマッピングではありません:念のため)ですが、何とMagicLanternはファームウェアにEnFuseを内蔵しているようです。
ひょっとして各社の「カメラ内HDR合成」も、こいつを使っていたりして。。と思いました。
EnFuseには多彩な設定パラメタがあるのですが、好きに設定できるのでしょうか? なら嬉しいなあと。

チャレンジ! キャノンユーザの皆様


EOSシリーズは何といっても圧倒的にユーザが多く、自分的には日本のデジタル一眼ユーザの半分以上がEOSユーザのような気がしています。
いままで、正直キャノンはブラケット撮影のHDRに熱心でなく、±2EVピッチで3連写という、ごくごくふつうの連写能力しかなかったために、ブラケットHDR撮影を断念していた人も多いんじゃないかと思います。
キャノンの一眼レフは、最近になってEOS 7D / EOS 60Dで、±3EVピッチのブラケットができるようになったばかりで、これまで救済のなかった、EOS Kissや50D、そして5DMkIIユーザには朗報でしょう。
なので、この「Magic Lantern」の存在意義は大きい、と?

Magic Lanternの「本来の売り」動画撮影能力(こちらではHDRの機能しか紹介しないので、あとは自分で読んで)はもちろん、ブラケット撮影能力のことだけ考えてもチャレンジする価値はあるのではないでしょうか。
ただしあくまで自己責任。奥様のKiss X4なんかをブチ壊したら恐ろしいことになりそうですね。

え、さんざん煽ったお前はチャレンジしたのか、と?
PentaxはK-5でもK-7でも、標準でそれくらいのブラケット能力があるので、別に
そのうち試してみます。誰かEOS 50Dとか貸してください。

↓のメニュー画面を見ていると、モーションディテクトやら、タイムラプスやら、恐ろしい機能がいっぱいあります。手を叩いてシャッター切る??? オイ


| ハード・ソフト | 20:00 | comments(12) |trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 20:00 | - |-
コメント
もちろん知ってます。ですが残念ながら初代kissには出来ないんですよね( ; _ ; )
海外勢は結構使ってるみたいですよ!日本勢でもちらほら . . .
| doiken | 2011/11/18 10:47 PM |
2EVピッチ9連射で6秒ぐらい掛かりましたね>HDRブラケット撮影
インターバル撮影機能併用でHDR動画も作れるので楽しい!
そうそう、これ作ってるAlexさんもちょっと日本語できます…
| yokoja | 2011/11/19 12:31 AM |
サブ機(60D)貸す! マジックランタン入れてくれ!
ついでに使い方も教えて下さい。お願いします。
今度金沢に行とき連絡するよ(思い切り地元の話ですいません)
| 才川 | 2011/11/19 4:05 PM |
こんばんは。
MLの話題があったので、はじめましてコメント致します。
X4に初期の頃から入れて使っていますが、連写は純正AEBより遅いものの、前のシャッター終了直後に次が切れます。前のVerだと等間隔だったので、撮影終了まで保守的に時間がかかったり、SSが伸びると失敗していましたので、だいぶ進化しました。ちなみに9枚だと5秒くらいかかります。
ただし、RAWで書き込み遅延し始めると、最後まで撮影できずに終了してしまうことがあり、JPG撮影専用です。
Time-lapseと連動できるので、10秒間隔で±4EV9枚の連続撮影とか、夢の様な機能が手に入ります(^^)
| LH | 2011/11/19 7:45 PM |
絶対知ってると思ってました(笑
でもまあ、Pentax K20Dユーザ(だったっけ?)になってしまったら,当座ブラケットで悩むことはないですが。。色々な機能が試せるので、レンズ資産持ってるなら、X4ボディもだいぶ価格がこなれてきたので、チャレンジも面白いですね。
| shockatz | 2011/11/20 4:46 PM |
yokojaさま:
おお、ユーザさんですね!
実は連絡受けたのがBrummel某の友人だとかいう奴で、映像プロダクションやってる人でした。
ブラケットはもちろん、センサーイン・レリーズとか、オーディオキャプチャ・レリーズとか、怪しい機能満載ですね(笑
目玉の動画・オーディオ機能も興味津々で、こりゃ買うしかねえか。。CHDKもちゃんとやりたいし、Canon EOSも本当に魅力満点ですねえ!
| shockatz | 2011/11/20 4:53 PM |
才川さま:
師匠オイラのメールアドレス忘れたんですか(笑
この前のS95 CHDKみたいにうまくはいかないかも知れませんが、D60ぜひ貸してください(50Dとか60Dは全く使ったことがないのでよくわからないのですが)。貸与前に解説もお願いね。
| shockatz | 2011/11/20 4:56 PM |
LHさま:
またまたユーザさんですね。そういう意見が聞きたかったんです。ドキュメントに、「一枚目を撮ったあと、2secのセルフタイマーが起動する云々」などととんでもない説明があってギョエーでしたが、安心しました。
自分的には、Kiss X4あたりで±3EVで3枚撮れればOK。5枚撮れたら大変です。あの画素数で7枚9枚RAW撮っても、自分のPCでは合成できません。。
EOS Kiss X4のRAW連続撮影能力は何枚くらいですかね。
Kiss X4でHDRがバンバン撮れるなら、世の中変わるかもしれない。
あとHDRタイムラプスも面白そうですね。Magic Lanternのオートレリーズ能力は半端ないので、これは。。
| shockatz | 2011/11/20 5:04 PM |
LHです。
昨日最新版に入れ替えてみましたら、まだ2〜3ショットなので分かりませんが、RAWでも取りこぼしが無くなったような感じがします。
セルフタイマー起動の件ですが、これは1枚目の後では無く、最初に起動します。リモートスイッチ使わなくてもブレ無く撮れるので、私は非常にいい改善だと思います。ただ、時々10秒のタイマーが起動することがありますが(^^;
それとX4のRAW連写ですが、4枚までは遅延なく切れ、5枚目はほんの少し遅れて、6枚目からは遅延が激しくなります。ご参考までに。
| LH | 2011/11/20 8:05 PM |
LHさま:
おおRAWの取りこぼしがなくなった! それはいいですね。
以前自分がCHDK試したときは、Photomatixのアライメントや動体ゴースト除去がお粗末だった時で、現在はRAW連写の重要性は増しています、また、KISS X4などは話題の低ノイズ機なので、シングルRAWからのHDRショットにも耐える絵が撮れるはず。
これはいろいろ期待できますね。
| shockatz | 2011/11/21 2:18 PM |
7Dだっし〜orz
| hdrasiato | 2011/11/24 10:54 PM |
hdrashiatoさま:
そうか、7Dユーザでしたのう(泣
動画機能でX4とかに負けるというのも悔しいんだけど、Wikiを見ていると、7Dバージョンも開発中のようですよ。
Magic LanternのタイムラプスHDR、撮ってみたいですね〜
| shockatz | 2011/11/25 3:28 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://shockatz.jugem.jp/trackback/571
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
LINKS
RECENT COMMENT
  • 2013年度版 各社カメラのHDRオートブラケット撮影能力リスト
    宮島あたり (04/18)
  • 2013年度版 各社カメラのHDRオートブラケット撮影能力リスト
    shockatz (01/09)
  • 2013年度版 各社カメラのHDRオートブラケット撮影能力リスト
    谷田部 (01/03)
  • HDR : RAWブラケット対応のコンデジもっと出しやがれ
    JPEGRAW (12/03)
  • 2013年度版 各社カメラのHDRオートブラケット撮影能力リスト
    itokawa (11/12)
  • 2013年度版 各社カメラのHDRオートブラケット撮影能力リスト
    hinimaru (09/04)
  • HDR : RAWブラケット対応のコンデジもっと出しやがれ
    shockatz (07/08)
  • HDR : RAWブラケット対応のコンデジもっと出しやがれ
    セブン (07/07)
  • HDR : RAWブラケット対応のコンデジもっと出しやがれ
    shockatz (07/06)
  • HDR : RAWブラケット対応のコンデジもっと出しやがれ
    doiken (07/06)
RECENT TRACKBACK
Windows Vista
モバイル
qrcode
PROFILE
SPONSORED LINKS