<< HDR : 逆光こそHDRの真骨頂 | main | HDR : 男はみんな乗り物が好き >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - |-
ブラケットとRAWはどこまで違うのか

知ってるようで知らない、RAW一発の品質


前回の記事画像をネタに、RAW現像した画像と、ブラケットで撮った画像を比較してみた。
Photoshopのようなソフトで拡大版を見れば一目瞭然なのだが、「ブラケット撮影」と「一発RAWからの明暗現像」には、とても大きな差があるように思う。
最新型の低ノイズ・高感度機でもこれだけの差。古いタイプのデジ一眼ではもっと差は大きいとのではないかと思います。



ノーマル露光のRAWを±0EVで現像。シャドウが露光不足になると致命的なので、少しオーバー気味に撮っている。

ノーマル露光のRAWを-2.5EVで現像。予想したとおりハイライトは全部飛んでいる。完全にレンジ不足。
これだけの面積ならばほとんど気にならないが、空の面積が広いと致命的だろう。

ノーマル露光のRAWを+2.5EVで現像。シャドウは潰れなかったが、どうしてもノイズが入るため、ノイズ処理を強めにかけてごまかした。


-3EV露光のRAWを±0EVで現像。普通ならこれでほとんどの空はOKなはずだけど、まだ空は真っ白。

-3EV露光のRAWを-2EVで現像。やっと空の青が出た。ノーマル露光のRAWからではどうやってもこのショットは作れない。
このようなシチュエーションによっては、暗撮ショットにもRAWが必要なのがよくわかる。

+3EV露光のRAWを±0EVで現像。シャッター速度が低下するので、カメラブレが出やすい。また人物もブレる。動体ゴースト除去で最も問題になるケース。


ノーマル露光のRAWを+2.5EVで現像の部分拡大。

+3EV露光のRAWを±0EVで現像の部分拡大。こまかい部分の描写がかなり違う。ただし、人物の周辺だけはそんなに違いはがない。

RAW HDRの「こってり感」不足の原因はハイライト側のレンジ不足


テストでわかる通り、1ショットRAWだけでは、満足する結果は得られないように思う。
ハイライト側のディテールが不足しているため、空を「ズン」と落とした、リッチなトーンが得られないためである。
なので、1RAWだと「あっさり目」に仕上がりしかえられなくなって、いきおいレタッチ作業に走ることになる。
ただ、ハイライト側以外は特に問題なく使えそうである。

HDR生成の破綻はシャドウ側のレンジ不足


サンプルでは補正版を載せたが、最初、RAWから現像したライトショット(明撮)には、かなり強いノイズがあった。
これを使ってトーンマップすると、中間〜シャドウ部がザラザラになり、HDRの品質が極端に低下した。

ブレを取るか、レンジを取るかが悩ましい


ただ、マルチショットのライトショット(明撮)は、カメラや被写体のブレが酷い。夕方や雨の日など、露光条件が悪いと、シャッター速度はさらに遅くなる。もしRAW現像ショットをとるならば、相当気合いを入れてノイズ除去に取り組む必要がある。

RAW一発撮影からのHDR制作はダメか?


ダメです。
晴天の順光、曇り空、光の回った室内なら、何とかモノになるかもしれないけど、そんな簡単な光景をHDRにしても意味不明。JPEGからのフェイクLDRでもあまり変わらないと思われます。
晴天時は空や窓の外が吹っ飛ぶ。夜景では闇が潰れる。どちらか、あるいは両方を考慮すると、最低2枚、できれば3枚のRAWショットが必須でしょう。

で、このテストを踏まえて、どうするか?
続きはまた先に延ばします。

| ハード・ソフト | 00:36 | comments(2) |-
スポンサーサイト
| - | 00:36 | - |-
コメント
こんにちは
驚きました。凄く研究してますね。
RAW現像は例のフェーズワンですか?僕は最近LIGHTROOMを使っていますが、フェーズワンは重いような気がします。
気になったのですが、色温度がばららついていますね。オートで撮っているのですか?
| 才川 | 2012/05/10 8:59 AM |
才川さま:
はい。CaptureOneです。
RAWブラケットをわざわざ別々に現像するという馬鹿なことをやってます。
RAW現像は相性みたいなものがあって、自分にはLightRoomやPhotoshopのRAW現像は合いません。なんかノイズっぽいというか、シャープネスがピリッとしないというか。。Pentaxとの相性かもしれません。
> 色温度がバラついている
うっ、鋭い指摘。おっしゃる通りです。
色温度のばらつきは、特に露光アンダーの場合に顕著で、CaptureOneがまたテキトーに補正するもので、あんまり気にかけてませんでした。
ただいえるのは、RAW現像の明暗処理だと、基本的に色味が同じになるので、ブラケットでばらついてくれたほうがトーンマップの仕上がりがリッチな感じがします。
本職のカメラマンから見たら大笑いですよね。
| shockatz | 2012/05/10 10:59 PM |
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
LINKS
RECENT COMMENT
  • 2013年度版 各社カメラのHDRオートブラケット撮影能力リスト
    宮島あたり (04/18)
  • 2013年度版 各社カメラのHDRオートブラケット撮影能力リスト
    shockatz (01/09)
  • 2013年度版 各社カメラのHDRオートブラケット撮影能力リスト
    谷田部 (01/03)
  • HDR : RAWブラケット対応のコンデジもっと出しやがれ
    JPEGRAW (12/03)
  • 2013年度版 各社カメラのHDRオートブラケット撮影能力リスト
    itokawa (11/12)
  • 2013年度版 各社カメラのHDRオートブラケット撮影能力リスト
    hinimaru (09/04)
  • HDR : RAWブラケット対応のコンデジもっと出しやがれ
    shockatz (07/08)
  • HDR : RAWブラケット対応のコンデジもっと出しやがれ
    セブン (07/07)
  • HDR : RAWブラケット対応のコンデジもっと出しやがれ
    shockatz (07/06)
  • HDR : RAWブラケット対応のコンデジもっと出しやがれ
    doiken (07/06)
RECENT TRACKBACK
Windows Vista
モバイル
qrcode
PROFILE
SPONSORED LINKS