<< HDR : iPhone4SのHDR(1) 標準アプリのHDRをレタッチ | main | HDR : ギャルリー・ラファイエット >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - |-
HDR : Rawミックス撮影法!(4)
Large Photo
IMG_0029_s : photo by shockatz

PhotoshopによるマルチショットHDR画像のアラインメントと動体除去

ということで、PhotoshopによるHDRマルチショット・ブラケット撮影画像アラインメントと動体の除去についての説明です。
何回もいいますが、「こんな面倒なことをしなくてもPhotomatixで全部自動やん」という意見もあるし、自分でもかなりそう思います。
でも、今まで叫んできた問題点、
・全部Photomatix任せでいいんか?
・そんなRAWだらけにして幸せか?
・RAWまで撮ってPhotomatixの品質で満足か?
という疑問にぶち当たったら、もうダメでしょう。やはり使い慣れたPhotoshopで、高品質なHDR合成の前処理をしたいわけです。
そもそも、Photomatixは大人しくトーンマッピングだけやってればいいのです。
そういう意味で、この方法ならアラインメントやゴースト除去機能のない、Photomatix以外のHDRソフトにも応用できるし、トーンマップ前にいろいろな画像修正をほどこすこともできる。
「お気軽に」という意味では間逆のソリューションですが、こういう方法論があってもいいと思います。
てか、仕上がりはこっちのほうが上では?

Step1 複数画像を読み込んでアラインメントを取る

前回までのチュートリアルで作った、「マルチショットRAW現像・明撮捨て」の画像を用意します。
ご覧の通り、パリの北駅の早朝。暗い場所に朝日が差し込むといういやらしいシチュエーションであります。
当然、三脚なんか立てられません。望遠レンズで手持ち。普通ならこんなもんHDRで撮れません。
Photomatix CS4以上で試しました。以前のバージョンはいっさい考慮していませんのであしからず。
メニューから「ファイル」->「自動処理」->「Photomerge」を選んで、フォトマージ画面を開きます。
「Photomerge」というのは、よく「パノラマ画像作成」とか「集合写真の眼開け合成」なんかに使われるアレです。
普通は、露光条件の整ったショットを重ねるために使うのですが、これを、ブラケット画像の位置あわせに使う。
試してみるとわかりますが、ものすごく高精度にあわせます。周辺部なんか幾何学的に歪ませます。
Photoshop5や6ではもっといいかもしれません。

ダイアログから、複数画像を選んで「OK」を押します。
しばらく処理時間があり、全部の画像が変形されて揃えられます。この例だと一番暗い1点だけでいいのに、律儀に全点数処理します。位置あわせはこれで完了。

Step2 動体部分の除去



次に動体部分の除去に移ります。
標準ショット+暗現像を上、暗ショットを下にしてレイヤを構成します。標準ショットの標準撮影とライト現像には動体がないので何もする必要はありません。
標準ショット+暗現像レイヤにレイヤマスク「全ての領域を隠す」を付加します。



描画色を「白」にして、レイヤマスクにブラシで「穴」を開けます。絵柄にもよりますが、下の「動いている」部分をぎりぎり隠せるようなレイヤマスクが理想ですが、多少甘くても構いません、Photomatixの合成よりずっとキレイだと思います。こんな感じに上の絵が下を覆うような感じ。



そののち、レベルを調整して下絵部分の明度にあわせ、2つのレイヤを統合します。 手順を書くと面倒そうですが、やってみると簡単に終わります。また、PENTAX K-rのような3ショットタイプのほうが枚数が少ない分、手順的に楽です。

Step3 レイヤを個別ファイルに書き戻す

「ファイル」->「スクリプト」->「レイヤをファイルに書き出し」で各レイヤをファイルに書き出します。

Step4 各ファイルをPhotomatixに読込む

完成した複数点の画像をPhotomatixに読み込みます。


当然、「アラインメント」はなし、「動体ゴースト除去」もなしです。
また手動生成した画像なので、合成時の露光差は個別に指定します。一般的な傾向として、ピッチを広く指定すれば絵柄にコントラストがつきますが、その分、グラデーションの滑らかさは失われます。
自分の感覚では、動体ゴースト除去は基本的に手作業で行ったものと同じことをPhotomatixがやっているようなもので、さすがに人間様が手で指定したほうが仕上がりはきれいだと思います。
(Photomatixは合成時の自動マスク生成がかなりいい加減で、移動物がちょっと大きかったり、今回のように散らばっていると、大胆にも巨大エリアを上書きします。それHDRじゃなくてMDRや)
トーンマップ完了後。動体部分はぴったり揃っています(当然か
また、ハイライト側のレンジはさすがにダークショットを使っていることもありバッチリ。
今回のサンプルは暗い部分の調子が多く、実はサンプルはカメラブレで少し酷かったのですが、何とかまとまりました。
チュートリアルはもうちょっとマシなサンプルでやらんといかんですね。反省(オイ

作例写真:
例によってパリ北駅にて。
Pentax K-r / Tam 18-250mm / ±3EV 3Shot RAW / RAWミックス(Capture One RAW現像+明撮捨て) / Photomatix / Topaz Adjust
ピンが甘かった! ゴメン!




| ハード・ソフト | 17:42 | comments(14) |trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 17:42 | - |-
コメント
はじめまして
力の入った記事を拝見し、感心すると同時にやる気がムラムラと出てまいりました。
私はこれまで撮影の仕事の中で、PHOTOMATICだけを使用してきましたが、RAW現像とPHOTOSHOPを併用すると非常にクリエイティブな作業が可能になるものとまさに覚醒させていただきました。
制作の可能性を大きく広げてくれましたSHOCKATZ様に心より感謝いたします。
| horoshisuzuoka | 2012/06/17 12:36 AM |
そもそも絞って撮るとだいたい人物ぶれるから最近全然気にしなくなったっていうorz だめですね〜。
| doiken | 2012/06/17 12:38 AM |
これまでの全部熟読させていただきました。熱のこもったtips感服いたしました。なるほど画像処理ソフトの王PhotoshopのPhotomergeは無敵ですね。面目躍如です。
ただ、当方何をとち狂ったか、2年ほど前より人類愛と霊界愛に目覚めゴーストも元はといえばニンゲン、抹消してしまうのは可哀想ではないか、彼らにも存在価値があるのではないか、やんややんや・・・と。
んで、あの世のものともこの世のものともつかぬ画像を水面下で模索しておりまする。
| nonbe | 2012/06/17 8:53 AM |
いや、これはこれはすごいティップスです。
フォトマージをこんな風に使うとは流石感心させられます。素晴らしいと思うのはこの方法を使うと撮影手段が自由になり制約から解放されることで、RAW撮影の力も最大限に発揮できる点でしょうか。
仕事の撮影にも応用できそうですwwwサンクス!
| 才川 | 2012/06/17 9:51 AM |
photoshopを1から学ばないといけないなーという気にさせられました。ある機能は使い倒さないとですよね
| nobiann | 2012/06/17 9:45 PM |
この出来ばえはしびれますね!
ノイズは無いし、奥のディテールもまったく崩れてない。
ぐぬぬ....言葉がない。
ディテールが凄すぎる。勉強になります!!!
| セブン | 2012/06/17 9:55 PM |
horoshisuzuokaさま:
プロカメラマンの方ですか?そりゃ光栄です♪
RAWをそのままPhotomatixに突っ込むより、いったんRAW現像して嬲るほうが、絶対作品に幅が生まれます。
Photoshop使わずに、あんな安いソフトで済ますのは、本当に勿体ないです。
ぜひお試しを!
| shokctaz | 2012/06/17 11:39 PM |
doikenさま:
自分はやっぱ動体は止めて撮るのが基本で、そこから順次重ねたり、ブラしたりする方法かなと思います。
夜景のシティスケープで使えるか、今度試してみます。
(どこにそんな場所がある)
| shokctaz | 2012/06/17 11:41 PM |
nonbeさま:
師匠のPhotomatix 4記事はまさしくショックで、しばらくHDR撮るのをやめるほどのインパクトありました。
自分の悪い癖で、皆がホイホイ撮り出して、つまらねえ写真ばっかり氾濫したら、急にいやになってしまいます。
最近、HDRでもどこが面白いんだかさっぱりわからない写真が増えてきてるんで、ちょっと寄り道をしていおりますが、やっぱりPhotomatixだけでオールマイティは無理や。
| shokctaz | 2012/06/17 11:47 PM |
才川さま:
> 撮影手段が自由になり制約から解放される
そうそう、それが狙いなんです。暗い場所の動体って、HDRが最も苦手とする被写体で、もう開き直って残像のように撮るのが正道でしょうが、これを何とかしたかったわけです。
鉄道写真でも、RAWブラケットでちょっとダークショットを合成すれば全然変わると思いますよ。
| shokctaz | 2012/06/17 11:50 PM |
nobiannさま:
写真が上手な人ほどPhotoshopは軽視しますが、ただ後処理だけ凝るんじゃなくて、後処理を前提にした撮り方を極めてみたいと思ってます。単なるレタッチ好きってセコくてイヤだなあ。
| shokctaz | 2012/06/17 11:52 PM |
セブンさま:
いやあ、この写真ちょっとカメラブレしていて甘いので、恥ずかしいです。
セブンさんのような空気感あふれる夜景HDRには無用の撮影法ですが、参考になれば嬉しいです。
動体さえなければ、K-5の5ショット/JPEGは最高の方法論ですから。
K-rのような3ショット/3EV機ではあそこまで緻密な絵が出ないんで、動体で勝負してみようと思ってるだけなんです。
| shokctaz | 2012/06/17 11:56 PM |
全てまとめて出版してくれたら事前予約で買います!ってゆうくらいありがたいtipsです。
| hdrasiato | 2012/06/18 10:41 PM |
shockatzさま:
先日は丁寧にご指導戴き感謝申し上げます。
今回の記事も、左に開きながら、何回もやっています。
突き当たったら元に戻ってトライしていきます。

それにしてもこの写真(この画像だけではありませんが)人が立っています。モニタの中から人々がこぼれ出しそうなほど立体感がありますね。普通の写真では逆立ちしてもこの質感は出ません。 貴方様の記事を読みまくり、紙一枚でもUP出来る様努力いたします。
| hayutama | 2012/06/19 12:27 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://shockatz.jugem.jp/trackback/586
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
LINKS
RECENT COMMENT
  • 2013年度版 各社カメラのHDRオートブラケット撮影能力リスト
    宮島あたり (04/18)
  • 2013年度版 各社カメラのHDRオートブラケット撮影能力リスト
    shockatz (01/09)
  • 2013年度版 各社カメラのHDRオートブラケット撮影能力リスト
    谷田部 (01/03)
  • HDR : RAWブラケット対応のコンデジもっと出しやがれ
    JPEGRAW (12/03)
  • 2013年度版 各社カメラのHDRオートブラケット撮影能力リスト
    itokawa (11/12)
  • 2013年度版 各社カメラのHDRオートブラケット撮影能力リスト
    hinimaru (09/04)
  • HDR : RAWブラケット対応のコンデジもっと出しやがれ
    shockatz (07/08)
  • HDR : RAWブラケット対応のコンデジもっと出しやがれ
    セブン (07/07)
  • HDR : RAWブラケット対応のコンデジもっと出しやがれ
    shockatz (07/06)
  • HDR : RAWブラケット対応のコンデジもっと出しやがれ
    doiken (07/06)
RECENT TRACKBACK
Windows Vista
モバイル
qrcode
PROFILE
SPONSORED LINKS