<< HDR : 至近距離HDRスナップの極意とは | main | HDR : 絵みたいになって悪いかい >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - |-
HDR : Nik HDR Efex Pro 2

Photomatixの完成度が高すぎて、なかなか出てこなかった「もう一つのHDR作成ソフトウェア」なんですが、ようやく有力な候補が現れました。
その名は、"Nik Color Efex Pro 2"。
前に、鳴物入りで登場し、shockatzが速攻で買ってしまってから、あまりのソフトの出来の悪さに罵詈雑言の嵐となった、あの Nik HDR Proの新バージョンです。


スタンドアロンでも、プラグインでも動作


このソフトが非常に変わっているのは、独立したプログラムが、Photoshopのプラグインや、外部ツールとして動作するところです。
プログラム自身は、ブラケット露光された画像からトーンマッピングを行う、きわめてオーソドックスものなのですが、PHotoshopのプラグインとしてもインストールされ、Photoshopが現在編集中の画像について、HDR Efex Pro 2を起動させることができ、RAW画像や、Photoshopで加工済の画像、32bit画像などに対して、ト−ンマッピングを行うことができます。
なので、Photoshopが取り扱えない、マルチショットRAWなどでのHDR作成は行えません。

大幅に進化したメモリ管理と処理スピード


Nik HDR Proの特徴は、コントロール幅の広い設定パネルと、即時更新されるプレビュー画像なのですが、以前のバージョンはとにかく閉口するくらい重く、遅かったです。
Pentax K-5のJPEG 5発ブラケットなどは、操作中に固まってしまうため、「何じゃこの糞ソフトはRAWからのなんちゃってHDR専門じゃねえか」と怒り心頭だったのを覚えています。
今回のバージョンアップでは、そのあたりが体感速度で50%くらいアップしているんじゃないでしょうか?
また安定性も増し、JPEGブラケットなら難なくこなすようになりました。
Photoshopプラグインからの起動はややモッサリしていますが、いったん動いてしまえば高速に動作します。

何とか使えるズレ補正と動体ゴースト自動除去


最近の自分のワークフローは、ズレの補正と動体ゴースト除去を、HDR処理の前に済ませる方針のため、この機能は全く不要なのですが、前バージョンで全滅だったことを思えば、ずいぶん良くなりました。ただ動体ゴースト自動除去に関しては、このソフトはRAWブラケットからのHDR作成ができないので、移動物が大きかったりすると、ほとんど使い物にならないと思われます。

Topaz Adjustいらずの強烈なパラメタ設定パネル


作例はTopaz Adjustを使わず、Nik HDR Efex 2だけで仕上げたものです。
このソフトの設定スライダは種類が多いうえに効きがよく、画像そのものの仕上がりに関わるコントロールが多いので、「見た目」に関して演出の幅が広いです。
おとなしめのフォトリアルな表現から、ギンギンに絵画風、銀残しやモノクロまで、これ一本で可能です。個人的には、グランジ=汚しっぽい効果がとても気に入りました。
あと、仕上がりがPhotomatixにくらべてかなりシャープで神経質な感じ。HDR特有のボンヤリした感じがありません。これはいい。

Photomatixとの比較では


動作速度、仕上がり、操作性ともPhotomatixがやや上ですが、製品の品質感(Photomatixのシェアウェア然とした感じに比べて商品ぽい)、プレビューの精度が高いこと、演出の幅広さ、Photoshopとの連携による処理の柔軟さなどを考えると、いい勝負になると思います。
Nikは高級アマチュア御用達の画像処理ソフト会社ですし、製品の質感は非常に高いので(値段もやや高いですが)、持っていても損はないソフトだと思います。



パリ・北駅の発車時刻表
Pentax K-r / オートブラケット3RAWから4JPEGにCapture OneでRAW現像 / Photoshop上で動体ゴースト除去 / Nik Color Efex Pro / Photoshop CS6で仕上







| ハード・ソフト | 00:48 | comments(6) |trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 00:48 | - |-
コメント
Nik Color Effectですか! たしかTOOで日本語版を売ってましたが、もう取り扱っていないんじゃないでたっけ?
師匠は英語版買われたんですか?
バージョンアップで凄く機能アップしたようですね!
でもDA★60-250mmED買った直後で手が出ないです(泣
| zen | 2013/03/04 11:44 PM |
 こんにちは。いつも理論的で、動体描写に拘っている
shockatzさんですが、この作品のなかの人々のはキッチリ
止まってますね。強烈なディーテイル表現も魅力です。
 初めて拝見したとき、「何だこれは!」と暗部と明部が
同居した単写では描ききれない描写に驚いたものです。
常に理想を追ってチャレンジしていくことが、オリジナルで
魅力あるHDRというジャンルを広め高めていくことになるので
ないでしょうか。それは、カメラメーカーにも影響を与えて
新機能を追加して発表される機種を見ても分かります。
私などはHDR初心者にもランクインできない物まねHDRer
です。これからも魅力的なHDRiで、楽しませてください。
この度は拙いHPにコメントを頂き、ありがとうございました。
| にゃあ | 2013/03/05 7:57 AM |
photomatix.ver4.22以来、まったくTopaz Adjustは使わなくなりましたね。
動体除去もhighにして、最後のsharpnessもhighにすれば他に何もしない。
それゆえブログも更新せず、HDRもやらず . . .
| doiken | 2013/03/05 7:50 PM |
zenさま:
自分的には、カメラやレンズより、どうしてもソフトへの投資が先立ってしまいます。
CS6バージョンアップとNik HDR Efex Pro、Lucis Arts4購入を足すと10万円超えになるので、こちらは当面カメラ買えそうにありません(泣
| shockatz | 2013/03/06 12:26 AM |
にゃあ様:
自分はHDR撮影はパノラマ写真から入ったんですが、あとでFlickrで「作品としてのHDR」に触れ、病みつきになってしまいました。
ネイチャーフォト分野で、緻密な画づくりのため作成されるフォトリアルなHDRと、画像処理を前提にした動体HDRでは方法論がまるで違うのですが、根底にあるスピリットは全く同じだと思います。
HDRの市民権をいっそう高める、素晴らしい作品を期待しています。
| shockatz | 2013/03/06 12:39 AM |
doikenさま:
もうね、何というか、HDRブログが増えて、Topazだけで格好つけた「なんちゃってHDR」がいっぱい出てきた時点で、自分もかなりヤル気をなくしました。
あと、簡単に出来すぎるとね。。仕上がりがすぐ見えてしまって、飽きるんですよねえ。
なので俺はPhotomatix任せはしない。Topazも飽きたから使わない、っていうスタンスは大いにアリだと思います。
| shockatz | 2013/03/06 12:43 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://shockatz.jugem.jp/trackback/590
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
LINKS
RECENT COMMENT
  • 2013年度版 各社カメラのHDRオートブラケット撮影能力リスト
    宮島あたり (04/18)
  • 2013年度版 各社カメラのHDRオートブラケット撮影能力リスト
    shockatz (01/09)
  • 2013年度版 各社カメラのHDRオートブラケット撮影能力リスト
    谷田部 (01/03)
  • HDR : RAWブラケット対応のコンデジもっと出しやがれ
    JPEGRAW (12/03)
  • 2013年度版 各社カメラのHDRオートブラケット撮影能力リスト
    itokawa (11/12)
  • 2013年度版 各社カメラのHDRオートブラケット撮影能力リスト
    hinimaru (09/04)
  • HDR : RAWブラケット対応のコンデジもっと出しやがれ
    shockatz (07/08)
  • HDR : RAWブラケット対応のコンデジもっと出しやがれ
    セブン (07/07)
  • HDR : RAWブラケット対応のコンデジもっと出しやがれ
    shockatz (07/06)
  • HDR : RAWブラケット対応のコンデジもっと出しやがれ
    doiken (07/06)
RECENT TRACKBACK
Windows Vista
モバイル
qrcode
PROFILE
SPONSORED LINKS