| main |
| main |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - |-
HDR : 光が強くなってきたので2RAW必須

被写体によって必要なダイナミックレンジは変わってくるけど、マルチショットのRAWで撮っておけば何とかなる、というお話。

普通のJPEG画像のダイナミックレンジが7bit(数値的には8ビットなんだけど、暗部ノイズを考えると7bitが妥協かな)とすると、RAW画像はだいたい上下2EVの余裕があるから、11bitのダイナミックレンジを持っているようです。
なので、11bitのRAWを±2EVで3発撮れば、単純計算で11+2+2=15bitの露光幅に。JPEGを±2EVで5ショット撮ると、7+2+2+2+2=15なので、だいたい似たレンジになります。

で、明るいショットは、高ISOノイズや手ぶれ、被写体の移動なんかを考えると、ほぼ使えない。
そうするとRAW 2発で、マイナス2EVの場合13bit、マイナス3EVの場合14bitのダイナミックレンジがあると想定できます。
(単純な足し算なのでかなりいい加減ですが)

そうすると、K-5などが持っている、7ビットJPEG 5発=15bitのダイナミックレンジほどではありませんが、そこそこ迫っていて、あの真っ白や真っ黒なショットを見る限り、十分なレンジがある気がします。

この作例はPentax K-5ですから、2点RAWで13ビット。初夏・夕方の「どピーカン」斜光でも、何とか対応できるダイナミックレンジになったように思います。
逆光でもないので、当初はRAW 1発でも何とかなるんじゃないかと思いましたが、圧倒的に空がレンジ不足でアウト。-2EV撮影のRAWを、さらに-2EVで現像して、ようやく空の色が出てきました。

撮影するときに、「ムムッ、ここは15ビット必要!」とか、「いやこの程度なら13ビットでいいだろう」とか、「俺はエコに11ビットで行くぜ」とか論議したら楽しそう。。なはずないか(苦笑
オイラは何と言っても理論派なので、あんまり「出たとこ勝負」は好きじゃないです。絶対、失敗したくないので、このパターンでいってます。
問題は昔撮った山のようなJPEG。。動体が映っているものは全部捨てなんですよね……


福井電鉄・田原町駅
思い切りクラシックな駅でよろしいが、何か柱が傾いているような気がする。耐震大丈夫?
Pentax K-5 / RAW2発 / CaptureOneでJPEG4発に現像 / Photoshopでアラインメント修正 / Photonatixでトーンマッピング / Topaz Clean+Topaz Adjustでディテールアップ+ノイズ除去 / 他


 

| マルチショット RAW | 00:29 | comments(8) |trackbacks(0)
HDR : RAW現像の重要性

Large Photo

Yatai:tent shop : photo by shockatz

ストリートスナップで、このところずっと、RAWショットをベースにしたHDRを作っています。
Pentax K-5の「2ショット」モードで、0.3EVの露光補正をかけ、+0.3EVと-1.7EVのRAWを2発撮るのが自分の鉄板の撮影法です。
人物は動いている人物をピッタリ止めるには、RAWから明暗に現像したJPEGを用意し、さらに「暗く撮影した」RAWから、さらに「暗く現像した」JPEGを作って、画像4点でHDRします。
(露光補正で+0.3EVなどとしているのは、黒つぶれを防ぐためです)

なので、標準ショットの品質と、RAW/現像がとんでもなく重要になってきます。

ノイズを抑える
標準ショットから作る3点は、同じノイズパターンを持つため、HDRしたとき画面がザラザラになりやすいです。
RAW現像で抑えるか、トーンマッピング前にPhotoshopにかけるかします。

露光不足にしない
RAW 1〜2ショットからのHDRでは、基本的に「明るいショット」を撮らないで、RAW現像で済ませます(なのでカメラや移動物のブレは抑えられます)。
露光不足だと、ムリヤリ明るくしても、シャドウが平板になって破綻します。

RAW現像ソフトを使い倒す
露光量だけでなく、トーンや色温度、彩度のコントロールなど、とにかく使い倒して、最高にHDR向きのRAW現像をマスターしましょう。



金沢・兼六園前の屋台(園内は茶屋以外の場所では飲食禁止)。
Pentax K-5 / 2RAW / CaptureOneにて4JPEG / 手動で動体移動を補正 / Photomatixでトーンマッピング / Topazでディテールアップ







| マルチショット RAW | 01:02 | comments(4) |trackbacks(0)
HDR : Photomatixはフランス生まれ

ダゲレオ、リュミエール兄弟、そしてPhotomatix


Photomatixを生んだ、HDRソフトウェア(そのものズバリの名前です)は、フランス・パリの小さなソフト会社です。シェアウェアのような価格で作っているPhotomatixですが、中々どうして、世界におけるシェア(ずいぶん小さな市場ですが)ではトップクラス。今でこそPhotomatixはおしゃれなUIになりましたが、昔はそれこそ手作り感満載のソフトでした。

自分は初めてPhotomatixに会って以来、多数のHDRソフトをテストし、いくつかのソフトは購入したのですが、結局、気に入らずにPhotomatixに戻っています。
これまでも、「プレビューが仕上がりと全然違う」とか、「逆光だとわけのわからないハローが出る」とか、とどのつまりは「HDR合成の基準がいい加減」と悪口だらけのPhotomatixなのですが、自分はもちろん、結局GDRerの皆さん使い続けています。
自分が思うに、Nik HDR Efex Proのような「マトモ」な製品があっても、そちらではなく、結局Photomatixが選ばれる理由は、この製品が持っている不思議な「仕上がりの雰囲気」にあるのではないでしょうか。
Nikのフィニッシュはもっとハードだったり、ドラマチックだったりしますが、Photomatixの仕上がりは何か上品でキレイ。スッピンからTopaz Adjustのような「濃い化粧」にもよく合う、雰囲気を持った仕上がりになるのです。

写真を生んだのも、映画を生んだのもフランスだということはよく知られていますが、これらの技術が「幻影」(イリュージョン)を生みだすものであって、単に「科学的な」技術成果だけではない、人の心を引き付けるものを持っているのではないでしょうか。
そしてもちろんPhotomatixも、現実にはない光と影を生みだす絶対的なツールとして、かの国にはしっかり根付いているような気がします。
ヨーロッパの連中はものすごくHDR仕上げが上手いですが、何たって地元だもんね、と変に納得する次第。


パリ、サンナザール付近
曇り空から強い光がさしこみ、建物や小路に深い陰影を落とす。
「ああ、これこそHDRの世界だ」と感嘆する一瞬です。住んでないけど(笑
Pentax K-r / 3Shot RAWからCapture OneでJPEG4発に現像、Photomatixでトーンマッピング / Topaz Adjustでディテールアップ


| マルチショット RAW | 21:09 | comments(2) |trackbacks(0)
HDR : 背景HDR・人物MDR

コントラストの高い、逆光や斜光の状態で、人物をドンと入れたHDRを撮ると、本当に苦労します。
Photomatixの「手持ち撮影画像自動位置合わせ=オートアライメント」や、「動体ゴースト自動除去」は、こういうシチュエーションが本当に苦手で、人物の周囲に醜いハローができたり、合成位置ズレが発生して使いモノにならないことが多いです。
人物に限らず、風景でも起きます。

そんなときはミックスモード(自分で勝手にそう呼んでますwww)。
ブラケット撮影したRAWから現像して作った複数のJPEGを、あらかじめPhotoshopで位置合わせ・合成し、動体部分の動きを止めてからトーンマッピングします。

前にダラダラとチュートリアル書いてます。
RAWミックス撮影法(3)
RAWミックス撮影法(4)

いわば、1枚RAWからのMDRと、3枚RAWからのHDRを合体する技なんですが、今のところこれに代わる方法がなかなか見つけられません。
毎秒100ショットくらいの超高速ブラケット撮影や、±4EVの超ダイナミックレンジセンサがついたカメラがあればいいんですが、今のところそんな話は夢物語なので、画像処理のテクニックで逃げるしかないと思います。
まあ、そんなカメラがあったら、誰もトーンマッピングなんかやってないと思うけどwwww



パリ・ティエルリー宮の噴水
Pentax K-r / 3Shot RAW を現像、JPEG 4発を手動合成(RAWミックス法)/ Photomatix / Topaz

| マルチショット RAW | 23:20 | comments(0) |trackbacks(0)
HDR : Topaz Adjust号泣

前々から言っていることだけど、HDRやTopaz Adjustの仕上げは、子供の写真にとても向いている。
特に赤ちゃんが良い。

赤ん坊の愛らしい(?)、やわらかそうな顔に、HDRの深いコントラストと陰影を与えると、どうなるか。
大人の顔は普通、「脂ぎった」バタ臭い顔になるのだが、同じことかも。
本来見えなかった、皺や質感が現れて強調され、似ても似つかぬ顔になる。
自分は「朝青竜エフェクト」と呼んでいるが、何かクソ生意気な悪党っぽい顔になり、全く可愛くなくなるから不思議だ。
ひょっとしたら本性が現れたのかもしれない。奴等は自分勝手でワガママの塊で、きわめて仲間に残酷だ。

作例はストロボ一発を天井バウンスでRAW撮影し、手動RAW現像してHDRした。光が回り込んでいると、RAW一発でも十分レンジに収まる。
見事に顔がクシャクシャになって、涙やらヨダレやら強調してwwwww
両親が見たら激怒するやろけど、(どうせ見てないし)自分的に面白くなったショットなので公開しちゃう。

Pentax K-5 / 1shot RAW (ストロボ一灯バウンス)/ CaptureOneにて3JPEGに現像 / PHotomatix / Topaz Adjust / Topaz Clean

| シングルショット RAW / MDRフェイク | 23:17 | comments(4) |trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
LINKS
RECENT COMMENT
  • 2013年度版 各社カメラのHDRオートブラケット撮影能力リスト
    宮島あたり (04/18)
  • 2013年度版 各社カメラのHDRオートブラケット撮影能力リスト
    shockatz (01/09)
  • 2013年度版 各社カメラのHDRオートブラケット撮影能力リスト
    谷田部 (01/03)
  • HDR : RAWブラケット対応のコンデジもっと出しやがれ
    JPEGRAW (12/03)
  • 2013年度版 各社カメラのHDRオートブラケット撮影能力リスト
    itokawa (11/12)
  • 2013年度版 各社カメラのHDRオートブラケット撮影能力リスト
    hinimaru (09/04)
  • HDR : RAWブラケット対応のコンデジもっと出しやがれ
    shockatz (07/08)
  • HDR : RAWブラケット対応のコンデジもっと出しやがれ
    セブン (07/07)
  • HDR : RAWブラケット対応のコンデジもっと出しやがれ
    shockatz (07/06)
  • HDR : RAWブラケット対応のコンデジもっと出しやがれ
    doiken (07/06)
RECENT TRACKBACK
Windows Vista
モバイル
qrcode
PROFILE
SPONSORED LINKS