| main |
| main |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - |-
2011年度版 各社カメラのHDRオートブラケット撮影能力リスト

HDR向きのカメラはこれ!

Photomatixの開発元、HDRsoft社のホームページにある、「機種別オートブラケット撮影能力」をまとめたものです。
掲載ソースに間違いが多く、Pentax / Canonあたりは知っている範囲で直しましたが、間違いがありましたら、ぜひコメントにてお知らせ下さい。

■表の見方
ブラケット撮影とは、HDR画像作成において必須の、広い明暗レンジを撮影するために、シャッター速度やISO感度を変更して、複数回の露光を行うことです。
で、オートブラケットとは、これをカメラで自動撮影することであり、一般的には、シャッターを押している間、自動的に複数回のシャッターが切られます。
以前はHDR合成ソフトの能力が低く、三脚を据えて定点撮影することが多かったため、手動で露出を変更していましたが、最近は手持ち撮影からのHDR合成が可能になったため、カメラの「オートブラケット能力」は非常に重要なファクターになっています。
オートブラケット撮影できない場合、撮影表現の幅が大きく制限されますので、これからHDRを始める人は、オートブラケットの優秀なカメラを選ぶべきかと。
赤字 特に能力がすぐれているもの。12EV以上あれば、自然界で撮れないコントラスト比ないと言われます。
青字 能力が非常にすぐれているもの。8EV以上の露光が可能で、日中・夜景など、相当な明暗差があっても撮影レンジ内に収めることができます。
太字 能力がすぐれているもの。6EV以上の露光が可能で、日中撮影においてはほぼ問題のない能力があると思われます。
その他のカメラは、露光レンジが4EVあれば、RAWで撮影すれば、6EV程度のレンジを持つことができます。
■注意
Nikonの一部機種のように、9枚ブラケットのものは、常識的にみて使い勝手が悪いと判断しました
Olympusの一部機種は、「ISOブラケット」という、1ショットで複数の撮影を行うものが存在します。
FujiFilmの一部機種には、「ダイナミックレンジ拡張」と称する機能がありますが、ダイナミックレンジ拡大幅が客観的でないため、換算は行っていません(当然)。
最近のカメラが搭載している「カメラ内HDR合成」機能はいっさい無視します。どうせ使わん(キリッ

モデル名 最大ブラケット
コマ数
最大ステップ
EV値
最大EV幅 レリーズ速度
Canon 1D MKII / MKII N 3, 5 or 7 3 18 8.5fps
Canon 1D MKIII 2, 3, 5 or 7 3 18 10fps
Canon 1D MKIV 2, 3, 5 or 7 3 18 10fps
Canon 1Ds MKII 2, 3, 5 or 7 3 18 4fps
Canon 1Ds MKIII 2, 3, 5 or 7 3 18 5fps
Canon 5D 3 2 4 3fps
Canon 5D Mark II 3 2 4 4fps
Canon 7D 3 3 6 8fps
Canon 10D 3 2 4 3fps
Canon 20D 3 2 4 5fps
Canon 30D 3 2 4 5fps
Canon 40D 3 2 4 6.5fps
Canon 50D 3 2 4 6.3fps
Canon 60D 3 3 6 5.3fps
Canon 300D / Digital Rebel 3 2 4 5.3fps
Canon 350D / Digital Rebel XT 3 2 4 3fps
Canon 400D / Digital Rebel XTi 3 2 4 3fps
Canon 450D / Digital Rebel XSi 3 2 4 3.5fps
Canon 500D / Digital Rebel T1i 3 2 4 3.4fps
Canon 550D / Digital Rebel T2i 3 2 4 3.7fps
Canon 600D / Digital Rebel T3i 3 2 4 3.7fps
Canon 1000D (Rebel XS) 3 1 2 3fps
Canon 1100D (Rebel T3) 3 1 2 3fps
Canon 2000D (from submitted info, may be incorrect) 3 1 2 6fps
Canon D30 / D60 3 2 4 3fps
Canon EOS 1V Film 3 3 6 6fps
Canon Powershot G1/G2 3 2 4  
Canon Powershot G3/G5/G6 3 2 4  
Canon PowerShot G7 3 2 4 2fps
Canon PowerShot G9/G10 3 2 4 1.5fps
Canon PowerShot G11/G12 3 2 4  
Canon PowerShot Pro1 3 2 4 2.5fps
Canon PowerShot S2/S3/S5 IS 3 2 4 2.5fps
Canon PowerShot S45 3 2 4 3fps
Canon PowerShot S50 3 2 4 2fps
Canon Powershot S70/S80 3 2 4  
Canon Powershot S90 3 2 4 0.9fps
Canon Powershot S95 3 2 4 3fps
Canon PowerShot SX1 IS 3 2 4 4fps
Canon PowerShot SX10 IS 3 2 4 1.4fps
Canon PowerShot SX20 IS 3 1 1/3 2 2/3  
Canon PowerShot SX30 IS 3 2 4  
Casio EX-F1 3 or 5 2 or 1 4 60fps
Contax 167MT 3 1.5 3 3fps
Contax Aria 3 1 2 3fps
Contax G1 3 1 2 2fps
Contax TVS Digital 3 1 2 3fps
Fuji FinePix E550 3 1 2  
Fuji FinePix E900 3 1 2 2fps
Fuji FinePix F810 3 1 2 10fps
Fuji FinePix HS10 3 1 2  
Fuji FinePix S100FS 3 1 2 3fps
Fuji FinePix S200EXR 3 1 2 3fps
Fuji FinePix S1000fd 3 1 2  
Fuji FinePix S1500 3 1 2 1.4fps
Fuji Finepix S2100hd 3 1 1  
Fuji Finepix S2700 3 1 2  
Fuji FinePix S4000 3 1 2  
Fuji FinePix S5000/S5500 3 1 2 3fps
Fuji FinePix S5600/S5700 3 1 2 1.4
Fuji FinePix S5800 3 1 2 0.8
Fuji FinePix S6000fd/S6500fd 3 1 2 1.5fps
Fuji Finepix S7000 3 1 2  
Fuji FinePix s8000fd 3 1 2  
Fuji FinePix S9100/S9600 3 1 2 1.5fps
Fuji IS-1 3 1 2 1.5fps
Fuji S2 Pro 3 1 2 2fps
Fuji S3Pro 2 or 3 2 4 2.5fps
Fuji S5 Pro 2 to 9 1 8 3fps
Kodak 7590DX/Z7590 3 1 2  
Kodak 7630DX 3 1 2  
Kodak DCS Pro SLR/c 3 3 6 1.66fps
Kodak DCS Pro SLR/n 3 2 4 1.7fps
Kodak DX7440 3 1 2 3.2fps
Kodak C643 3 1 2  
Kodak C875 3 1 2 1.5fps
Kodak Z612 / Z712 3 1 2 2fps
Kodak Z760 3 1 2  
Kodak Z885/Z8612/Z1285 3 1 2  
Kodak Z812 IS 3 1 2 3fps
Kodak Z1012 IS 3 1 2 1.6fps
Kodak Z1015 IS 3 1 2 2.1fps
Kodak z950 3 1 2 1.5fps
Kodak P712 3 or 5 1 4 1.6fps
Kodak P880 3 or 5 1 4 2.3fps
Konica Minolta 5D 3 0.7 1.4 3fps
Konica Minolta 7D 3 or 5 0.5 2 3fps
Minolta Dimage A1 3 0.5 1.5 2.8fps
Konica Minolta A200 3 1 2  
Konica Minolta Dimage 7i 3 1 2  
Konica Minolta Dimage Z3/Z6/Z10 3 1 2 3fps
Minolta S414 3 1 2 3fps
Leica D-LUX 3 3 1 2 3fps
Leica D-LUX 4(v2.2) 3 3 6 2.5fps
Leica M9 5(2EV)/7(1EV) 2 or 1 8 2fps
Leica X1 3 3 6 3fps
Mamiya 645 AFD III 3 1 2  
Nikon D100 2 to 3 1 2 3fps
Nikon D200 2 to 9 1 8 5fps
Nikon D300 2 to 9 1 8 6 or 8fps
Nikon D300s 2 to 9 1 8 8 or 9fps
Nikon D700 2 to 9 1 8 8fps
Nikon D2H 2 to 9 1 8 8fps
Nikon D1X 3 1 2 3fps
Nikon D2X/D2Xs 2 to 9 1 8 5fps (8 cropped)
Nikon D3 / D3s 2 to 9 1 8 9fps (11 in DX mode)
Nikon D3X 2 to 9 1 8 5fps (7 in DX mode)
Nikon D50 3 2 4 2.5fps
Nikon D70 2 or 3 2 4 1fps
Nikon D70s 2 or 3 2 4 3fps
Nikon D80 2 or 3 2 4 3fps
Nikon D90 2 or 3 2 4 4.5fps
Nikon D5000 3 2 4 4fps
Nikon D5100 3 2 4 4fps
Nikon D7000 3 2 4 6fps
Nikon Coolpix E4500 3 or 5 1 4 1.3fps
Nikon Coolpix 5400 3 or 5 1 4 1.25fps
Nikon Coolpix E5000 3 or 5 2 8 3fps
Nikon 5700 3 or 5 1 4 3fps
Nikon Coolpix P4 3 1/2 1 0.5fps
Nikon Coolpix P90 3 1 2 3.5fps
Nikon Coolpix P100 3 1 2  
Nikon Coolpix P300 3 1 2 8fps
Nikon Coolpix P5000/P5100 3 1 2 1fps
Nikon Coolpix P6000 3 1 2  
Nikon Coolpix P7000 3 1 2 1fps
Nikon 8080 3 or 5 1 4 1.6fps
Nikon 8400 3 or 5 1 4 2.3fps
Nikon 8700 3 or 5 1 4 2.3fps
Nikon 8800 3 or 5 1 4 2.3fps
Olympus C2100 Ultra Zoom 3 or 5 1 4 1.7fps
Olympus C5050 Zoom 3 or 5 1 4  
Olympus C5060 Wide Zoom 3 or 5 1 4 3.3fps
Olympus C730UZ 3 or 5 1 4 1fps
Olympus C765UZ 5 1 4 3fps
Olympus C770UZ 5 1 4  
Olympus C-8080 3 or 5 1 4  
Olympus E-1 3 or 5 1 4 3fps
Olympus E-3 3 or 5 1 4 5fps
Olympus E-20P 3 1 2  
Olympus E-30 3 or 5 1 4 5fps
Olympus E-300/E-330 3 1 2 3fps
Olympus E-400/E-410/E-420 3 1 2 3fps
Olympus E-500 3 1 2 2fps
Olympus E-510 3 1 2 3fps
Olympus E-520 3 1 2 3.5fps
Olympus E-620 3 1 2 4fps
Olympus EP-1 3 1 2 3fps
Olympus E-PL1 / E-PL1s 3 1 2 3fps
Olympus SP-310 3 or 5 1 4 1.5 / 2.4fps
Olympus SP-320 3 or 5 1 4 4fps
Olympus SP-350 3 or 5 1 4 3fps
Olympus SP-510UZ 3 or 5 1 4 1.7fps
Olympus SP-550UZ/SP-560UZ 3 or 5 1 4 5fps
Olympus XZ-1 3 1.7 3.4  
Panasonic Lumix DMC-FS6 3 1 2 3fps
Panasonic Lumix DMC-FX3/FX30/FX33/FX500/FX700 3 1 2  
Panasonic Lumix DMC-FX78 3 1 2 6fps
Panasonic Lumix DMC-FX150/FX180 3 1 2 2fps
Panasonic FZ-18 3 1 2 3fps
Panasonic FZ-8/FZ-20/FZ-30 3 1 2 3fps
Panasonic FZ-28 3 1 2 3fps
Panasonic FZ35/FZ38 3 1 2 2.3fps
Panasonic FZ40 3 1 2 1.8fps
Panasonic FZ5/FZ7 3 1 2 3fps
Panasonic Lumix DMC-FZ50 3 1 2 1fps
Panasonic Lumix DMC-FZS1 3 1 2 2fps
Panasonic Lumix DMC-FZ100 3 3 6 60fps (11fps at 14 MP)
Panasonic Lumix DMC-GH1 7 2/3 4 3fps
Panasonic Lumix DMC-GH2 3, 5 or 7 1 6 3fps
Panasonic Lumix DMC-G1 / GF1 3, 5 or 7 2/3 4 3fps
Panasonic Lumix DMC-G1K 3, 5 or 7 2/3 4 3fps
Panasonic Lumix G2 3, 5 or 7 2/3 4  
Panasonic G2HK 3, 5 or 7 2/3 4 40fps
Panasonic GF2/GF2C 3 or 5 2/3 2.7 3.2fps
Panasonic GF3K/GF3C 3 or 5 2/3 2.7 3.8fps
Panasonic G3K 3, 5 or 7 2/3 4 20fps
Panasonic DMC-L1 3 or 5 1 4 3fps
Panasonic Lumix DMC-L10 3 2 4 3fps
Panasonic Lumix DMC-LS2 3 1 2  
Panasonic Lumix DMC-LS80 3 1 2  
Panasonic Lumix DMC-LX1 3 1 2 1fps
Panasonic Lumix DMC-LX2 3 1 2 3fps
Panasonic Lumix DMC-LX3 3 1 2 4.5fps
Panasonic Lumix DMC-LX3(v2.2) 3 3 6 4.5fps
Panasonic Lumix DMC-LX5 3 3 6 2.5fps
Panasonic DMC-LZ3/LZ4/LZ5 3 1 2 3fps
Panasonic DMC-LZ8 3 1 2 2.5fps
Panasonic DMC-TS1 3 1 2 2.3fps
Panasonic DMC-TZ1/TZ3/TZ4 3 1 2 3fps
Panasonic DMC-TZ5/TZ7 3 1 2 2.5fps
Panasonic DMC-TZ8 3 1 2 1.9fps
Panasonic DMC-TZ15 3 1 2 1fps
Panasonic DMC-ZS3A 3 1 2 2.8fps
Panasonic DMC-ZS5/ZS7 3 1 2 10fps
Panasonic DMC-ZS10 3 1 2 10fps
Pentax K-5 2, 3 or 5 2 8 7fps
Pentax K-7 3 or 5 2 8 5.2fps
Pentax K10D/K20D 3 or 5 2 8 3fps
Pentax K-r 3 3 6 6fps
Pentax K-x 3 3 6 4.7fps
Pentax Q 3 3 6 5fps
Pentax *ist DL 3 2 4 2fps
Pentax *ist DS / DS2 3 2 4 3fps
Pentax K100D / K200D 3 2 4 2.8fps
Pentax K-m / K2000 3 1.5 3 3.5fps
Pentax Optio M85 3 2 4  
Pentax Optio W90 3 1 2 1.03fps
Ricoh Caplio R6 / R7 3 0.7 1.4 3fps
Ricoh GX100 / GX200 3 0.5 1.5 2.4fps
Sigma SD14 3 3 6 3fps
Sigma SD15 3 or 5 3 (3 frames), 1.7 (5 frames) 6 3fps
Sigma DP1 / DP-1s / DP2 3 3 6 3fps
Sony Alpha A33 3 0.7 1.4 7fps
Sony Alpha A55 SLT 3 0.7 1.4 10fps
Sony Alpha A-100 3 0.7 1.4 1.4fps
Sony Alpha A-200 3 0.7 1.4 3fps
Sony Alpha A-230 3 0.7 1.4 1.4fps
Sony Alpha A-300 3 0.7 1.4 3.5fps
Sony Alpha A-350 3 0.7 1.4 3.5fps
Sony Alpha A-380 3 0.7 1.4 2.5fps
Sony Alpha A-390 3 0.7 1.4  
Sony Alpha A-450 3 0.7 1.4 7fps
Sony Alpha A-500 3 2/3 1.4  
Sony Alpha A-550 3 2/3 1.4 9fps
Sony Alpha A-700 3 or 5 0.7 2.7 5fps
Sony Alpha A-700-V4 3 or 5 2 (with 3 frames) 4 5fps
Sony Alpha A-850-V2 3 or 5 3 (with 3 frames) 2 5fps
Sony Alpha A-900-V2 3 or 5 3 (with 3 frames) 6 5fps
Sony DSC-828 3 1 2  
Sony DSC-F707 3 1 2 0.5fps
Sony DSC-F717 3 1 2 3fps
Sony DSC-H1 3 1 2 1.25fps
Sony DSC-H2 3 1 2 0.8fps
Sony DSC-H5 3 1 2 0.9fps
Sony DSC-H7 3 1 2 2.2fps
Sony DSC-H9 3 1 2 2.2fps
Sony DSC-H10 3 1 2  
Sony DSC-H50/H55 3 1 2 1.6fps
Sony DSC-H20 3 1 2 1.8fps
Sony DSC-HX1 3 1 2 10fps
Sony DSC-HX5V / HX100V 3 1 2 10fps
Sony DSC-N1 3 1 2  
Sony DSC-R1 3 1 2 3fps
Sony DSC-R2 9 1 8 5fps
Sony DSC-T100 3 1 2  
Sony DSC-T200 3 1 2 2fps
Sony DSC-T33 3 1 2  
Sony DSC-T7/DSC-T9 3 1 2 1.25fps
Sony DSC-V1 3 1 2 2fps
Sony DSC-V3 3 1 2 3fps
Sony DSC W2 3 1 2  
Sony DSC W80 3 1 2  
Sony W90 3 1 2  
Sony DSC-W150 3 1 2 1.5fps
Sony DSC-W170 / W290 3 1 2  
Sony DSC-WX1 3 1 2  
Sony NEX-5 3 0.7 1.4 7fps
Sony NEX-VG10 3 0.3 0.7 7fps

で、結論としてどこのカメラが良いのかい?
あくまで私感ですが、価格など現実的に考えれば文句なしにPentax K-5。次にPentax K-r、EOS 7D、EOS 60Dなどの6EV機かと。
中古機なら断然、Pentax K-7/K20D/K10D。6EV機ならPentax K-xでしょうか。
コンデジならば6EVが撮れるSigma DPかLumix DMC-LX5かと。
Canon Powershotシリーズには、CHDKという隠しファームウェアがあり、これを使ってレンジを青天井にする荒業もあります。EOS 5D/7D/50D/60Dにおける隠しファームウェアも同様です。
RAWでいくのなら、(良いRAW現像ソフトがあれば)2EV/3ショット機でもいけます。ただし上記の推薦機種は、当然RAWもいけるので、より強力です。

RAWやJPEGワンショットからHDRモドキを作るのなら、どうせレンジは無視(というかそもそもHDRでない)なので、何を使っても同じです(笑

| ハード・ソフト | 00:05 | comments(19) |trackbacks(0)
HDRの作成法にはいろいろあるが、みな一長一短だと思います

shockatzが自分でやってみたり、実際に見たりしたHDR撮影方法のいろいろです。例によって脳天気かつ無責任に長所と短所を述べていますが、悪気はありません。
作品は実際のHDRerの皆様のサイトでお確かめください。

 

複数ショット(ブラケット)撮影法

HDR撮影の王道。手間はかかるが、最も美しい合成画像が得られる。問題は画像のズレと動く被写体。

マルチショットJPEG
HDR撮影法の中でも最もオーソドックスな撮影法。明暗を撮りわけた複数の画像をHDR合成ソフトに放り込み、合成する。
以前は画像がずれないように三脚が必須、また動くものを写し込むと「動体ゴースト」が発生するため、撮影方法に制限が多かったが、合成ソフトの進歩で、手持ち撮影やゴースト除去が可能になった。 どれくらいの露光幅で何枚写すか、また被写体の状況(日中、動体、夜景など)によって撮影条件を変えたり、合成前のJPEG画像をレタッチするなど、職人芸的なオプション多数。
データ容量が小さく、失敗が少ない、入門者に優しく、かつ奥の深い方法。
「エコHDR」?
マルチショットRAW
マルチショットを、全部RAWで撮影するという豪勢な手法。HDR合成ソフトが対応しているRAWが増え、動体ゴースト除去処理ができるようになって、今や主流?となった。
RAW撮影は、デジカメにとって最高の撮影法であり、品質・ダイナミックレンジなどこれに勝るものはなく、複数ショットにわたって撮影するため、理論的に言えば、すべての被写体にとって最高のクオリティが得られる(はず)。また、ブラケット撮影レンジのあまり広くないカメラの場合、この方法が唯一の選択肢になる。
欠点はデータ量の大きさ。加えて合成時にコンピュータパワーを喰いまくるため、周辺環境にコストがかかること。例えば、1200万画素機のRAW画像は1点20MB以上になるが、これを5ショットすれば、写真1点につき100メガという大容量になる。EOS 5dMkIIやNikon D700などのフルサイズ機となれば。。あまり考えたくない。
元画像のバックアップなどを考えると、強力な環境が必要になる。 オリンパス機にある、ISO感度を自動変更して1ショットから複数のRAWを創りだすカメラの場合も、この一種と考えられる(1ショットの優位性と3ショットのリッチさをあわせもつ)。
いいカメラ・コンピュータを持っている人ほどこの方法で撮影している確率が高い。
「金持ちHDR」

RAW(一発)撮影法

HDR撮影の別路線。ダイナミックレンジはブラケットに比べだいぶ劣るが、画像のズレや動く被写体の制限がなく、非常にシャープな合成画像が得られる。

RAW直食い
撮影したRAW画像を、あまり考えずにそのままHDRソフトに読み込ませる方法。
RAW画像は12〜14ビットのため、HDRというよりMDRというのが正しい。
以前はデジタルカメラのRAWデータは、特に高感度や暗い場所にノイズが多かったので、この方法ではやや品質に問題があったが、最新のデジタルカメラでこの点が大幅に解消されたため、品質が飛躍的に良くなった。
本来、ダイナミックレンジを十分に活かすため、撮影時の露光設定がシビアなはずだが、この方法はHDR合成後にPhotoshopレタッチが必要な場合が多いため、どうせ後処理で苦労するなら撮影はお気軽に、とPhotoshopレタッチに自信のあるHDRerが、けっこう気楽に撮影しているところが面白い。
欠点はレンジ不足の場合、回避法がないこと。HDR合成ソフトに突っ込んだ瞬間、「あ、こりゃダメだ」になる。 「簡単撮影・後処理力技HDR」
RAW現像・明暗合成
撮影したRAW画像を、RAW現像ソフトにかけて明暗画像を作り出し、HDRソフトにブラケット画像として読み込ませる方法。
以前から、「RAW直食い」より高品質な方法として、今でもHDRerに固く信じられている。
RAW現像ソフトは種類によって操作性が大きく異なるため、PhotoshopやLightRoom、SylkyPixなど、他のソフトのことを聞いてもほとんど参考にならないため、みな勝手な方法で進めていることろがユニーク。
そもそも、HDR合成ソフトよりRAW現像ソフトのほうが取り扱いが面倒で、価格も高額、おまけに処理時間がかかるため、言ってみれば本末転倒であって、この方法を使うのは写真的なプレゼンスにコダワリのある辛口HDRerが多い。
というか、せっかくお金出してRAW現像ソフト買ったのだから何とかして使わねば、ということか?
最近はRAW現像ソフトの性能が良くなり、現像時間が短縮されたため、生産性が上がってきた。 「現像厨HDR」

JPEG一発撮影法

HDR撮影の裏街道。Photoshopを駆使し、レタッチ技術を総動員してHDRモドキ画像を創りだす。

JPEGフェイク
撮影したJPEG画像から、Photoshopを用いて明暗画像を作り出し、HDRソフトにブラケット画像として読み込ませ、合成する強引そのものな方法。
JPEG画像は8ビットであり、どこをどうやってもHDRにはなりそうにないのだが、トーンやガンマ調整を駆使し、さらにはマスク合成まで行なって明暗を作ってしまうという恐るべき職人芸である。
JPEG画像のみしか使用しないため、コンデジやケータイ画像もOK。さらには写真をネットから持ってきて、HDRを完全オリジナルに見せることも可能になるため、いってみれば「撮影」という写真特有の拘束を断ち切る、まさに革命的な方法といえるwww。
さらには、HDR合成すら使用せず、Photoshopのレタッチやプラグイン効果だけでHDRふうに見せる「ニセHDR」という反則技もこの亜種になる。
「撮影技術より画像処理」という強いメッセージ性を持った方法? いや、きっと横着なだけかもしれない。
Photoshopの有段者むけ。入門者は決してこの方法を取るべきでない。最初から道を誤ることになる。 「横着HDR」
nanHDR
HDRerの中ではかなり有名になったnanHDR
。 「nan」は「なんちゃって」の「なん」、「難あり」の「なん」、「難解」の「なん」、「難儀なやっちゃな〜」の「なん」、「なんでんよか」の「なん」をあらわすそうです(考案者nonbeさんいわく)。
JPEG画像から輝度情報を抽出し、この同一画像を複数、名称を変えてHDRソフトにブラケット画像として読み込ませ、 仕上がりを元画像に明暗情報として合成して、モッコモコのHDR画像を合成する方法。
同一画像を複数、明暗パラメータを変えて読み込ませるという、まるでHDR合成ソフトのバグを狙ったような方法だが、仕上がりは非常にスムーズで破綻がない(大笑。
作業手順はnonbeさんのブログを。
http://blog.goo.ne.jp/nonbe0908/e/71e7188798b8eec4f37df5cf856e4e6d
カメラ内HDR
最近のデジタルカメラはとうとう、カメラ内部にHDR合成を取り込んでしまい、シャッター一発でHDRが出てくる事態になった。
。 CMOS高速読出しによるシングルレリーズであったり、複数レリーズだったり、ズレ補正、動体ゴースト除去など、カメラによって機能はみな違うところがものすごくいい加減な世界であるが、とりあえず一発でHDR合成(らしき絵)がJPEGで出てくる。そのうちTopazのようなディテール・コントラスト強調機能も内蔵され、一発でコテコテな絵を出すようになるだろう(某オ☓☓☓☓みたいに)。
何せ自動であって、出てくる絵はここに挙げた手法すべての中で最悪にショボいのだが、的確に後処理すればそれなりに見えるようにもなる。
この手法の欠点は、撮影がイージーなだけに仕上がりもチープなこと。HDR加工は過程での試行錯誤に創造性があるから意味があるのであって、HDRそのものの仕上がりなど汚いだけだと思います。よってこの手法は自分的には却下です。


なんか最後に思い切り主観が入りました。偉そうなこと言ってすいません。
| ハード・ソフト | 01:00 | comments(10) |trackbacks(0)
Lumix DMC-LX3の嫌いなところ、好きなところ

しばらくLX3を使ってみて、このカメラについて気のついた点を書きます。
自分はPentax K10D/K-rユーザであり、コンデジにはかなり偏見がありますので、差し引いて読んでやってください。

【気に入らないところ】
電源offでブラケット露光モードがoffになる(トンデモ仕様)
電源off、モード切替(撮影→表示)、オートパワーオフのどれでも、ブラケット露光モードがoffになってしまう。
いちいち再設定しなければならない。面倒で失敗多い。

ブラケット露光が低速
連写は速いのに、ブラケットになるとガックリ。
Canon Powershot+CHDKよりは速い。快速一眼(K-5とかK-r)に慣れるとカルチャーショック大きい。
まあコンデジならこんなもんか。。

オートISOが最悪
自動でISOをセットするのは1枚目だけ。
しかも「できるだけ低ISOに」がポリシーのようで、標準撮のシャッター速度が遅くなる。
ブラケット露光時はシャッター速度だけ変化するため、ブラケット露光の明撮は全部手ぶれ状態になる。

「ハイダイナミック」はあくまで「〜風」
1ショット撮影なので悪い予感はしていたが、RAW現像でトーンを嬲った場合と同じ機能。
撮影レンジが広がるわけでない。
「アート」とすると彩度が上がってなお使えない。
これを「ハイダイナミック」と称するところが寂しい。

【気に入ったところ】
ブラケット幅が3EV(要ファームウェアverup)
RAWブラケットで以外は、3EVないと使えない。
コンデジならやっぱJPEGブラケットやろ? ならこのカメラしかありません。

デザインがいい
ライカがOEMしているだけのことはある?ちょっとレトロデザイン。
(主観ですので参考になりません)

レンズがf2.0
コンデジなので、f2.0でも被写界深度は十分。
日中にf2.0のままだと最大シャッター速度になってしまい、ブラケットで失敗する。
(なので、タコな自動ISOとあいまって、かなり使いにくい)

RAWで撮れる
このクラスのカメラとしては当然か。
前述の理由で、明るくない場所でのブラケット撮影が難しいため、この機能は必須。

ダイナミックレンジ拡張が強力
暗部補正が強力。設定を「強」にするとまず黒ツブレしない。
HDR撮影では露光不足厳禁なので、頼もしい。

「ハイダイナミック」モードとブラケット撮影を同時使用できる
これは面白い。ISO400固定が玉にキズ。

レリーズタイムラグが小さい
一般のコンデジとは比較にならないほど速い
これが大きいとスナップする気がなくなります。

高感度でも割と低ノイズ
ISO1600でも、ノイズ処理すればしっかり輪郭が残っている。
少なくともPowerShot S90よりだいぶ良い。

絞り優先モードあり
f2.0〜f8まで手動で絞りを変更できる。
ただし、その際のシャッタースピードは、シャッター半押ししないと表示されず。
冗談かい。。

【で、正直言って
人物スナップでも撮ってない限り、風景のHDR撮影では、百歩譲ってもデジ一眼のほうがいい。
夜景室内は話にならず。
(逆に言えばそれだけ今のデジ一眼がいいということ)
いくつかのずばぬけた長所を、手抜きな機能で相殺しまくっている面白いカメラ。
性悪女みたいなところが気に入りました



石川県・のと鉄道 能登鹿島駅(別名能登さくら駅)
Panasonic Lumix DMC-LX3 / ブラケット±3EV 3発 / Photomatix動体ゴースト除去:少し変

| ハード・ソフト | 16:50 | comments(2) |trackbacks(0)
Lumix DMC-LX3買ってしもた(衝動買い反省)

Large Photo

Lumix DMC-LX3 : photo by shockatz

あーあ、というか何と言うか、また中古コンデジを買ってしまいました。
Lumix DMC-LX3です。

いちおう名機だと言われてるし、高感度強そうだし、オートブラケットは±3EVあるし、かんたんHDRモードはついているし、買っても後悔はないんじゃないかということで、家人にFinepix F250EXRを押し付けて、こっちに乗り換えました。
店頭に中古品があって、ちょっとクラシカル。ライカみたいな雰囲気。HDR界のラルティーグを目指している(?)自分としては、せひ弄ってみたくなった次第です。
あと、Flickr以来仲良くしてもらってる、米国サンディエゴ在住のMicheal某というオヤヂも買いました。要するにオヤヂ同士の対抗心ですわ。

LX3の特徴として、
・±3EVのブラケット撮影
・擬似HDR、「ハイダイナミック」モード
・絞り優先モードあり
・レンズがf2.0
・カスタムモード設定が可能
・レンズが24mm相当
など、HDR撮影にはけっこう機能が詰まってます。

とまあ、スペックだけ見ると素晴らしかったのですが、これがまた一癖も二癖もある代物でして。。
続きは次回に書きます。

| ハード・ソフト | 14:52 | comments(6) |trackbacks(0)
Nik SoftwareのHDRプラグイン、Nik HDR Efex Pro登場!
Nik Software, Inc. | HDR Efex Pro

かねからRetouch Proのフォーラムなどでうわさのあった、Nik Softwareの「Nik HDR Efex Pro=ニック・HDRイフェク・プロ」が発売されました。

Nikは、Color Efex ProやSilver Efex Proなど、Photoshopむけのプラグインをリリースしている有名なソフトウェアハウスですが、高品質かつ洗練された製品で、欧米ではファンの多い会社です。
お試し版をちょっと使ってみた感想を駆け足で報告します(画像はマニュアルより拝借)。

Sneak Previewってやつを

画面はグレー貴重でカッコいいです。RAW現像ソフトのLightroomやCaptureOneみたい。カメラマンはこういうの好きだろうな。

複数ブラケット画像の読み込みは、Photoshopの"Automate"メニューが拡張されて、"Make Nik HDR Efex Pro"なるメニューが現れますので、そこから行います。
他ソフトで作った、*.hdrや*.exrの32bit HDR画像はPhotoshopの機能で読み込めばOK。
その他、RAWや16bit tiff、シングルJPEGなど、LDR画像も処理できます。


ブラケット画像の自動ズレあわせは精密に感じました。手動のゴースト除去はありません。自動ゴースト除去にも除去強度パラメータがあります。このあたりはPhotomatix 4のほうが上かもしれません。


プリセット機能がすごい。どの絵もカッコいい。ヤル気が出る。これ重要。
自分が設定したパラメタも一発でプリセット化できます。


HDRパラメータはPhotomatixより、こちらのほうがわかりやすいです。Tone Compressionメソッドが複数用意されているのが目につきます。


メソッドにハロー減衰があります。これは嬉しい。他のパラメタも興味しんしんです。

Nikの伝家の宝刀、U-ポイント調整。画面の一定範囲+相似した色味部分に対して、独立したHDRパラメータを設定することができます。Color Efex Proも同様の機能で画面の一部だけ変更できます。これは慣れると楽。いままではレイヤマスクなどで強弱を修正していました。


画像の一部分のみHDRパラメタを変えた例。うぉ〜、こんなことが!


ビネット機能あり。Nik Color Efex Proでいう、「Lighten Center」ですか。
周囲を沈ませることによって、主題のトーンを引き立たせる。HDRには良く合います。


コントラストやトーンカーブなど、仕上がりのチューニングもHDR Efex Proの中でワンストップ。後処理やるより、画像の劣化が防げます。


これは流行るかも

いまちょっと忙しくて、Nik HDR Efex Proをじっくり触る余裕がないんですけど、テスト的に操作した感じでは、「これは相当にイケるかも」という感触をもちました。
まず画面がキレイでプレビューも早く正確。これだけで、あのクセの強いPhotomatixより何倍も洗練された感じがします。これからはじめてHDRソフト買う人だったら、これを選びそうな感じがします。
(Photomatix、Akvis Enhancer、Artizen HDR、Dynamic Photo HDRなど、どのソフトをとってもシェアウェア臭がしますが、この製品はUIが洗練されているので)
エリア・色域を選んで、部分的にHDRパラメタを設定するU-Point機能は非常に強力で、思わず使い込んでしまう楽しさがあります。
きっと、「オレってすごい」と錯覚します。

HDRってマイナーな分野でしたが、Nikのような有名ソフトハウスが作りこんだ製品で参入してくると、一気にメジャーになるような感じがします。

あっ、この製品はPhotoshop CS4/CS5のプラグイン版ですので、ソフト単体では動きません。
古いPhotoshopで動くか?とか、Elementsで動くか?とかは、現在まだわかりません。
15日動作のお試し版がありますので、各自ダウンロードしてお確めください。

ソフトウェア・トゥーから日本語版(¥16.800円)が出るそうです。Nikはマイナバージョンアップしないので、日本のディストリビュータから買ってもいいかもしれません。
難点は日本語翻訳かな。下手な訳だと萎えるので、やっぱ自分はダイレクト($159.95)で。
| ハード・ソフト | 02:14 | comments(9) |trackbacks(0)
Canonの新型裏面照射CMOS搭載機、CHDKが発表!

怪しさ満点の最新機種CHDKキター

SD90
裏面照射型のCMOSを搭載した、Canon話題のコンデジ2機種に、Canon製ファームウェアをハックした、CHDK(いわゆるロシアンファーム)が対応しました。

CHDK = キャノン・ハッカーズ・デベロップメント・キットの略だと! おお

左の写真は、発表時、高感度特性と、1.7型という大型CCDによる画質評価の高さで有名になった(のかどうなのか)、Canon Powershot S90
続いて、IXY 30S。曲面を多用したスタイリッシュなボディに、ビビッドなカラーリングで話題になった新鋭機です(こっちは明らかに女子人気)。

どちらの機種も、「裏面照射型」という新型のソニー製CMOSセンサと、画像処理エンジンDIGIC IVが搭載されています。
CHDKは、まだ正式にはベータ版の仕上がりですが、前回の経験(IXY 920IS用CHDKベータ)からみて、ベータ版でもほとんどの機能は対応しているものと思われます。

機能豊富なCHDKファームのかなでも、注目はブラケット露光。
CHDKを使えば、このコンデジが、露光ステップ最大4EV、ブラケット枚数無限大の「トンデモ」カメラに変貌します。

参考:各社カメラのブラケット撮影能力比較

「裏面照射CMOS」の魅力

上記のHDR撮影用スペックは、じつは920IS用CHDKベータ版での経験から推測している、勝手な判断です。
本当のところは、買ってみるまでよくわからないのですが、この2機種のCHDKには特別な意味合いがあります。
高感度
コンデジでありながら、ISO3200まで撮影できる能力。もしCHDKが、「ISO自動設定」と連動するならば、極端にシャッター速度が遅くなる明撮時で、ブレのない鮮明な写真が撮れます。「ISO3200の写真なんて」思うけど、最明撮はもともとシャドウディテールのためのものなので、さほど問題にはならないでしょう。
高速撮影
これまでのCCDタイプ・コンデジは、1秒1枚とかとんでもない低速シャッターでした。
手持ちブラケットすると、5秒近く手を突っ張らせて撮影せねばいけません。せめてその2倍のスピードが欲しかったです。
この両機種なら、きっとそれが可能になる? ならばハッピーですね。

何やら次から次へとソフトウェアが出てきます。HDRはやはりソフト次第。悩みますね。

ダウンロード先
S90 CHDK http://chdk.wikia.com/wiki/S90
SD4000 CHDK http://chdk.wikia.com/wiki/SD4000
SD4000とは、IXY 30Sの欧米での販売商品名です。
| ハード・ソフト | 20:48 | comments(12) |trackbacks(0)
LDR : Topazのノイズ処理プラグインどう

Photomatixによるトーンマッピング。
Topaz Adjustによるディテールアップ。
この2つの画像破壊処理を経てできあがる、「バキバキ」な画像には、ひとつの大きな欠点があります。
それはノイズ。よくデジカメ関連の記事で目にする、「高感度ノイズ」や「長時間ノイズ」とは全く違う、キツくて強い綱嵐のようなノイズです。
強いトーンマップやディテールアップをかけると、ノイズが増大するため、泣く泣く処理を弱めたり、あるいは複雑なレイヤワークを強いられたり、なかなか悩ましいものです。
ノイズはまたJPEGにとっても大敵で、ファイルサイズを増大させます。ひどい時にはサイズが2倍近くになることも。
そういう時には、Topaz Ajustの開発元である、Topaz Lab社から出ているいくつかの製品があります。
Topazのノイズ製品は例によってなかなか強烈で、エッジシャープや平滑化ができるものもあり、強くかけるとペンキ画のようにできます。
また不思議なことに、「ノイズ除去」「エッジシャープネス」両方ができる製品が多く、どっちを買っても良さそうでありつつ、微妙にテイストが違う製品になっています。

・ノイズ除去(これが本家)+エッジシャープ(オマケ):Topaz DeNoise
・エッジシャープ(オマケ)+ノイズ除去(かなり強力):Topaz Detail(前はTopaz Sharpenでした)
・平坦化+エッジ加工(強烈!):Topaz Clean
・全部入り「一つ前バージョンのおまけパック」:Topaz Vivacity

いずれもお試し版あります。最新版は多国語バージョンになっているので、日本語OKです。
自分はVivacityとClean持ってますが、つい最近DeNoise新版が出て。。プラグイン沼だあううううう
Finepix F200EXR / DR800% / nonbe's nanHDR with Photomatix / Topaz Adjust / Topaz Denoise

| ハード・ソフト | 09:52 | comments(11) |trackbacks(0)
手動動体ゴースト除去法 メイキング

ショット間の画像ズレをとり、Phptoshopに読み込む
Windows版のAdobe Photoshop CS3 Extendedを使用しています

最近凝っている望遠HDR。横着ズーム、Tamrom 18-250mmの中間焦点距離で撮ってみました。もちろん手持ちです。
望遠撮影なので、ショット間の画像は盛大にズレています。Dynamic Photo HDRの「ピンワーピング」で先に位置合わせを行いました。
(三脚を使用していれば、ピンワープは不要です)

ピンワープ中に気づいたのですが、どうも奥の「One World」機が動いていたようです。
撮影中は全くわかりませんでしたが。

Dynamic Photo HDRの合成中に、こんなふうに見えました。
このままではボケたHDRになってしまうので、動体ゴースト除去を行うことにします。

まず、中・暗・明3点の画像を、重ねレイヤにしてPhotoshopに読み込みます。
「開く」で別画像に読み込んだあと、その画像のレイヤ・サムネールを、「Shift」ボタンを押しながら基準画像の上にドラッグ&ドロップすれば、正確な位置でレイヤが作成されます。
前処理でピンワープを行っているので、位置はピッタリ合っている(はずです)。
(ズレている場合はphotoshopでレイヤを嬲り、応急調整します)

QuickMaskから選択範囲→レイヤ複製

ツールバーの下にある、「Quick Mask」ボタンを押し込みんで「QuickMask編集モード」にします。「QuickMask」とは、Photoshopで選択範囲を作る際、ブラシのペイント機能を使う機能で、ラフなマスクを素早く作るには都合のいい機能です。
フリーハンド選択ツールには、他に「Lasso=投げ縄」ツールがありますが、こっちのほうが楽。

ブラシツール(色は黒)で、「標準」レイヤの画像に、他レイヤに持っていきたい部分を書き込みます。
描いた部分は、マスクを表すレッドで塗られます。

大体塗り終わったら、Ctrl+I(反転)でペイント領域を反転させます。
これで、正しいマスク状態になりました。
ちなみに、その昔、写真製版でいう「マスク」もこの状態でした。

この状態で、先の「QuickMask」ボタンをoffにすると、現在マスクされていない(つまり透明な)部分が選択範囲に変わります。
ちなみにこの、「点々ギジギジ」になっている選択範囲のしるしは、毛唐どもが「アント・マーチ(アリの行進)」と呼んでいます。
最初、"RetouchPro"などのサイトで、何を言っているのかよくわからなかった(恥

この「アント・マーチ」状態で、Ctrl+J(選択範囲を新規レイヤーに変換)すると、選択範囲が真上の新規レイヤに抽出されます。
マスクされた部分はちゃんと透明になっています。

共通部分を各レイヤの上に移し、調整して下と合成

この抽出レイヤを、暗撮レイヤのうえにドラッグ、続けて明撮の上にAlt+ドラッグ(複製移動)します。

暗撮レイヤの上に、抽出した標準露光のレイヤが置かれている状態。

明撮レイヤの上に、抽出した標準露光のレイヤが置かれている状態。

色調補正->レベル補正や、「露出補正」機能で、上になっている抽出部分を、下にあるレイヤと違和感がないように明暗を調整します。

「レベル補正」などというと大げさに聞こえますが、何のことはない、下にあるレイヤに溶け込むように、抽出レイヤ画像の明暗をいじってやればいいです。
人間の目玉はすごく性能が良くて、「見た目」で合っていれば、かなり正確に補正されます。
ハイライトが飛んでいたり、シャドーが潰れていても、それなりに誤魔化します(苦
終了後、Ctrl+E(直下のレイヤと合成)でそれぞれのレイヤを固定してから、レイヤを別々の画像(自分の場合はJPEG)に保存して修了。

後はPhotomatixとTopazAdjustでチョイチョイ

_GP2564_AlignedAnd2more_tonemapped_s

ということで、出来上がりです。
レベル変更など、けっこういい加減でしたが、そこそこ誤魔化せますw
(というか、Photomatixそのものがテキトーにやってるので、大雑把でいいのです)
Pentax K10D / Tam18-250mm / 5shot JPEG(使ったのは3shot) / ピンワーピング / 動体ゴースト除去 / Topaz Adjust+DeNoise

| ハード・ソフト | 11:55 | comments(17) |trackbacks(0)
銀残し(ブリーチ・バイパス):Bleach Bypass Proプラグインがフリー版に!

bpro

 

bleach画面

 

最近、意欲的に作品をアップしているHDRサイト、HDR Works[by cafecicoさん]で紹介されていた、Windows版Photoshop用の銀残し(ブリーチ・バイパス)プラグイン、その名もズバリ「Bleach Bypass Pro」が、無料版(正式にはDonateWare:寄付ウェア)となって再登場しました。
Bleach Bypass(銀残し)は、カラーネガフィルムの現像プロセスにおける「漂白現像」処理を短縮、あるいは全く行わないもので、HDRなどとも相性のいいエフェクトのひとつで愛好者が多いです。
もちろん、Photoshopだけでなく、ElementやFireworksなど、Photoshopプラグイン互換ソフトでも使用できます。
「Bleach Bypass Pro」はたしか以前、50ドル近い金額で販売されていて、最近30ドルくらいに価格改定されていたものだが、つい先ごろ無料になってしまったようです。

 

bleach 2

 

このプラグインは、銀残しシミュレーションだけでなく、「Film Grain:粒状性設定」、「Defocus:ソフトフォーカス」、「Vinette:ビネット=トンネル効果」などのエフェクトを同時にかけることができるので、幅広い仕上がりを一発で得ることができます。
「Nik Color Efex Pro」の「Bleach Bypass」が、どちらかというとハードな描写中心なのに比べ、「Bleach Bypass Pro」はオシャレなポートレートなどにも使えそうで、利用範囲が広そうです(こういう作例だとすぐその気になる)。
個人的には、何といっても「Defocus」。ソフトフォーカスというより、オートン・エフェクトのようなテイストで、クォリティ高そうな感じ。

ダウンロードはこのページから。他にも、ソフトフォーカスやデュオトーン用の魅力的な無料プラグインがいくつかあります。
こんなに素晴らしいプラグインを無料ににしてくれた、Red Pawn Softwareのみなさんに感謝。気に入ったらぜひPayPalで寄付を!
あ、このプラグインは悲しいことに、Windows版だけです。マカー諸君残念じゃのう。

| ハード・ソフト | 23:00 | comments(12) |trackbacks(0)
全比較 デジタル一眼レフのブラケット撮影能力2010年版

Photomatix開発元である、フランスのhdrsoft社のホームページにある「全比較 デジタルカメラのオートブラケット能力」。
以前も一度紹介したが、新しいカメラのラインアッップが増えたので改版します。
HDRにとって関係の深い、デジカメのAEB(Auto Exposure Bracket)について、細かく調査した力作です。
(調べたのが外国の会社というのが恥ずかしい)

表の見方
AEBコマ数とは、シャッター一押しで自動撮影できるショット数です。
当然、大きいほどいいですが、電池が減る減る。。。
最小EV段はブラケット撮影間の露出差の最小値、いわゆる「下手な鉄砲=微妙に露光変えてベストショット」。
1/3EVあればイメージはガラリと変わりますが、HDRでは無意味かも。
最大EV段はブラケット撮影間の露出差最大値。ここが大きいほど少ないショット数で大きな明度差を捉えることができ、HDRでは重要です。ただ、あまりに差が大きいと、青空など変化微妙な被写体で段つきが起きます。
「最大AEB EVレンジ」は「AEBコマ数」×「最大EV段」で表される、そのカメラの最大ブラケット露光幅です。最も重要な数字。
「連写レート」は連続撮影スピード。速いとカッコいいです。

AEB能力一覧 太字は自分が選んだベスト・ブラケット・カメラ
カメラ名 AEBコマ数 最小EV段 最大EV段 最大AEB
EVレンジ
連写レート
Canon 1D MKII / MKII N 3,5, 7 1/3 3 18 8.5 fps
Canon 1D MKIII 2,3,5,7
1/3 3 18 10 fps
Canon 1Ds MKII 2,3,5,7 1/3 3 18 4 fps
Canon 1Ds MKIII 2,3,5,7 0.3 3 18 5 fps
Canon 5D 3 1/3 2 4 3 fps
Canon 5D Mark II 3 1/3 2 4 3.9 fps
Canon 7D 3 1/3 3 6 8 fps
Canon 10D 3 1/3 2 4 3 fps
Canon 20D 3 1/3 2 4 5 fps
Canon 30D 3 1/3 2 4 5 fps
Canon 40D 3 1/3 2 4 6.5 fps
Canon 50D 3 1/3 2 4 6.3 fps
Canon 300D / Digital Rebel 3 1/3 2 4 2.5 fps
Canon 350D / Digital Rebel XT 3 1/3 2 4 3 fps
Canon 400D / Digital Rebel XTi 3 1/3 2 4 3 fps
Canon 450D / Digital Rebel XSi 3 1/3 2 4 3 fps
Canon 500D / Digital Rebel T1i 3 1/3 2 4 3.4 fps
Canon 1000D (Rebel XS) 3 0.3 2 4 3 fps
Canon EOS 1V Film 3 1/3 3 6 6 fps
Canon CHDK 無制限
1/3
4 カメラ次第
Canon Powershot G1/G2 3 1/3 2 4  
Canon Powershot G3/G5/G6 3 1/3 2 4  
Canon PowerShot G7 3 1/3 2 4 2 fps
Canon PowerShot G9/G10 3 1/3 2 4 1.5 fps
Canon PowerShot Pro1 3 1/3 2 4 2.5 fps
Canon PowerShot S2/S3/S5 IS 3 1/3 2 4 2.5 fps
Canon PowerShot S45 3 1/3 2 4 3 fps
Canon PowerShot S50 3 1/3 2 4 2 fps
Canon Powershot S70/S80 3 1/3 2 4  
Canon Powershot S90 3 1/3 2 4 0.9 fps
Canon PowerShot SX1 IS 3 0.3 2 4 4 fps
Canon PowerShot SX10 IS 3 0.3 2 4 1.4 fps
Casio EX-F1 3,5 1/4 2 or 1 4 60 fps
Fuji FinePix E550 3 0.3 1 2  
Fuji FinePix E900 3 0.3 1 2 2 fps
Fuji FinePix F810 3 0.3 1 2  
Fuji FinePix S100FS 3 1/3 1 2 3 fps
Fuji FinePix S1000fd 3 1/3 1 2  
Fuji FinePix S1500 3 1/3 1 2 1.4 fps
Fuji FinePix S5000/S5500 3 1/3 1 2 3 fps
Fuji FinePix S5600/S5700 3 1/3 1 2 1.4
Fuji FinePix S6000fd/S6500fd 3 1/3 1 2 1.5 fps
Fuji Finepix S7000 3 1/3 1 2  
Fuji FinePix s8000fd 3 1/3 1 2  
Fuji FinePix S9100/S9600 3 1/3 1 2 1.5 fps
Fuji IS-1 3 1/3 1 2 1.5 fps
Fuji S2 Pro 3 1/3 1 2 2 fps
Fuji S3Pro 2 or 3 1/2 2 4 2.5 fps
Fuji S5 Pro 2 to 9 0.3 1 8 3 fps
Nikon D100 2 to 3 1/3 1 2 3 fps
Nikon D200 2 to 9 1/3 1 8 5 fps
Nikon D300 2 to 9 1/3 1 8 6 or 8 fps
Nikon D300s 2 to 9 1/3 1 8 8 or 9 fps
Nikon D700 2 to 9 1/3 1 8 8 fps
Nikon D2H 2 to 9 1/3 1 8 8 fps
Nikon D2X/D2Xs 2 to 9 1/3 1 8 5 fps (8 cropped)
Nikon D3 2 to 9 1/3 1 8 9 fps
(DXは11)
Nikon D50 3 1/3 2 4 2.5 fps
Nikon D70 2,3 1/3 2 4 3 fps
Nikon D80 2,3 1/3 2 4 3 fps
Nikon D90 2,3 1/3 2 4 4.5 fps
Nikon D5000 3 1/3 2 4 3.5 fps
Nikon Coolpix 5400 3,5 0.3 1 4 1.3 fps
Nikon 5700 3,5 1/3 1 4 3 fps
Nikon Coolpix P4 3 1/2 1/2 1 0.5 fps
Nikon Coolpix P90 3 1/3 1 2 3.5 fps
Nikon Coolpix P5000/P5100 3 1/3 1 2 1 fps
Nikon Coolpix P6000 3 1/3 1 2  
Nikon Coolpix P90 3 0.3 2 4 3.5 fps
Nikon 8080 3,5 1/3 1 4 1.6 fps
Nikon 8400 3,5 1/3 1 4 2.3 fps
Nikon 8700 3,5 1/3 1 4 2.3 fps
Nikon 8800 3,5 1/3 1 4 2.3 fps
Olympus C5050 Zoom 3,5 1/3 1 4 ?
Olympus C5060 Wide Zoom 3,5 1/3 1.5 6 3.3 fps
Olympus C730UZ 3,5 0.3 1 4 1 fps
Olympus C765UZ 5 0.3 1 4 3 fps
Olympus C-8080 3,5 1/3 1 4  ?
Olympus E-1 3,5 1/3 1 4 3 fps
Olympus E-3 3,5 0.3 1 4 5 fps
Olympus E-20P 3 0.3 1 2  
Olympus E-30 3,5 0.3 1 4 5 fps
Olympus E-300/E-330 3 0.3 1 2 3 fps
Olympus E-400/E-410/E-420 3 1/3 1 2 3 fps
Olympus E-500 3 1/3 1 2 2 fps
Olympus E-510 3 1/3 1 2 3 fps
Olympus E-520 3 1/3 1 2 3.5 fps
Olympus E-620 3 1/3 1 2 4 fps
Olympus EP-1 3 1/3 1 2 3 fps
Olympus SP-310 3,5 0.3 1 4 1.5 / 2.4 fps
Olympus SP-320 3,5 1/3 1 4 4 fps
Olympus SP-350 3,5 1/3 1 4 3 fps
Olympus SP-510UZ 3,5 0.3 1 4 1.7 fps
Olympus SP-550UZ/SP-560UZ 3,5 0.3 1 4 5 fps
Panasonic Lumix DMC-FX3/FX30/FX33/FX500 3 1/3 1 2  
Panasonic DMC-L1 3,5 1/3 1 4 3 fps
Panasonic Lumix DMC-G1 / GH1 7 1/3 2/3 4 3 fps
Panasonic DMC-G1K 3,5,7 1/3 2/3 4 3 fps
Panasonic Lumix DMC-L10 3 0.5 2 4 3 fps
Panasonic DMC-LX1/LX2 3 1/3 1 2 3 fps
Panasonic DMC-LX3M 3 1/3 3 6 2.5 fps
Panasonic DMC-LZ3/LZ4/LZ5 3 1/3 1 2 3 fps
Panasonic DMC-LZ8 3 1/3 1 2 2.5 fps
Panasonic DMC-TS1 3 1/3 1 2 2.3 fps
Panasonic DMC-TZ1/TZ3/TZ4 3 1/3 1 2 3 fps
Panasonic DMC-TZ5/TZ7 3 1/3 1 2 2.5 fps
Panasonic DMC-ZS3A 3 1/3 1 2 2.8 fps
Panasonic FZ-18 3 1/3 1 2 3 fps
Panasonic FZ-8/FZ-20/FZ-30 3 1/3 1 2 3 fps
Panasonic FZ-28 3 1/3 1 2 2.5 fps
Panasonic FZ-28 3 1/3 1 2 2.5 fps
Panasonic FZ35/FZ38 3 1/3 1 2 2.3 fps
Panasonic FZ5/FZ7 3 1/3 1 2 3 fps
Pentax *ist DL 3 0.5 2 4 2 fps
Pentax *ist DS/DS2 3 1/3 2 4 3 fps
Pentax K7 3,5 1/3 2 8 5.2 fps
Pentax K10D 3,5 1/3 2 8 3 fps
Pentax K20D 3,5 1/3 2 8 3 fps
Pentax K100D 3 1/3 2 4 2.8 fps
Pentax K200D 3 1/3 2 4 2.8 fps
Pentax K-m / K2000 3 1/3 1.5 3 3.5 fps
Pentax K-x 3 1/3 3 6 4.5 fps
Ricoh Caplio R6 / R7 3 0.3 0.7 1.4 3 fps
Ricoh GX100 / GX200 3 0.3 0.5 1.5 2.4 fps
Sigma SD14 3 1/3 3 6 3 fps
Sigma DP1 3 1/3 3 6 3 fps
Sony Alpha A-100 3 0.3 0.7 1.4 1.4 fps
Sony Alpha A-200 3 0.3 0.7 1.4 3 fps
Sony Alpha A-300 3 0.3 0.7 1.4 3.5 fps
Sony Alpha A-350 3 0.3 0.7 1.4 3.5 fps
Sony Alpha A-350 3 0.3 0.7 1.4 3.5 fps
Sony Alpha A-380 3 0.3 0.7 1.4 2.5 fps
Sony Alpha A-900 3 0.3 2 4 5 fps
Sony DSC-828 3 0.3 1 2  
Sony DSC-F707 3 1/3 1 2 0.5 fps
Sony DSC-F717 3 0.3 1 2 3 fps
Sony DSC-H1 3 1/3 1 2 1.25 fps
Sony DSC-H2 3 1/3 1 2 0.8 fps
Sony DSC-H5 3 1/3 1 2 0.9 fps
Sony DSC-H7 3 1/3 1 2 2.2 fps
Sony DSC-H9 3 1/3 1 2 2.2 fps
Sony DSC-H10 3 1/3 1 2  
Sony DSC-H50 3 0.3 1 2 1.6 fps
Sony DSC-HX1 3 0.3 1 2 10 fps
Sony DSC-N1 3 0.3 1 2  
Sony DSC-R1 3 0.3 1 2 3 fps
Sony DSC-R2 9 0.3 1 8 5 fps
Sony DSC-V1 3 1/3 1 2 2 fps
Sony DSC-V3 3 1/3 1 2  
Sony DSC-T100 3 0.3 1 2  
Sony DSC-T200 3 0.3 1 2 2 fps
Sony DSC-T33 3 0.3 1 2  
Sony DSC-T7/DSC-T9 3 0.3 1 2 1.25 fps
Sony DSC W2 3 0.3 1 2  
Sony DSC W80 3 1/3 1 2  
Sony W90 3 1/3 1 2  
Sony DSC-W150 3 1/3 1 2 1.5 fps
Sony DSC-W170 / W290 3 1/3 1 2  

最強のブラケットHDRカメラは、ロシア改造ファーム搭載のCanon PowerShot/IXYシリーズと決定しました!(大笑)

| ハード・ソフト | 00:36 | comments(19) |trackbacks(1)
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
LINKS
RECENT COMMENT
  • 2013年度版 各社カメラのHDRオートブラケット撮影能力リスト
    宮島あたり (04/18)
  • 2013年度版 各社カメラのHDRオートブラケット撮影能力リスト
    shockatz (01/09)
  • 2013年度版 各社カメラのHDRオートブラケット撮影能力リスト
    谷田部 (01/03)
  • HDR : RAWブラケット対応のコンデジもっと出しやがれ
    JPEGRAW (12/03)
  • 2013年度版 各社カメラのHDRオートブラケット撮影能力リスト
    itokawa (11/12)
  • 2013年度版 各社カメラのHDRオートブラケット撮影能力リスト
    hinimaru (09/04)
  • HDR : RAWブラケット対応のコンデジもっと出しやがれ
    shockatz (07/08)
  • HDR : RAWブラケット対応のコンデジもっと出しやがれ
    セブン (07/07)
  • HDR : RAWブラケット対応のコンデジもっと出しやがれ
    shockatz (07/06)
  • HDR : RAWブラケット対応のコンデジもっと出しやがれ
    doiken (07/06)
RECENT TRACKBACK
Windows Vista
モバイル
qrcode
PROFILE
SPONSORED LINKS