| main |
| main |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - |-
HDR : 絵みたいになって悪いかい

「『いかにも』的なHDRの仕上がりが」とか、「よくある絵画調の」とか、「写真としての面白みに欠ける」とか、ハードHDRは散々な言われようですが、そんなに皆さんこの感じが嫌い? というのが今回の話題です。

なぜHDRerは皆コテコテなのか


初めてHDRを体験したころ、トーンマッピングって、HDRソフトの画面で操作していると、ついつい強くかけ過ぎるんです。「うわっ、こりゃ凄い。面白えええ」って感じで。
で、ザラザラ・バサバサの砂嵐のような画像を量産し、大いに反省。
「これじゃ駄目だ」と一念発起して、少し弱めにHDRするようになる。そうするとね、前の強烈な仕上がりから退歩したような感じになって、その分を補おうと、Topaz Adjustでエフェクトを補うので、自動的に絵っぽい仕上がりになります。ていうか前よりギトギトに。
で、また「こんなに荒れたのは嫌だ」とばかりに、Topaz Cleanを駆使してノイズを抑える。
当然ながら、仕上がりは見事に油絵か水彩のようなタッチになるんです。これが。

誰だってフォトリアルが好きなんだ


本当は、もっとフォトリアルな仕上がりにしたほうがウケがいいのは重々わかってます。だから雄大な風景や、美しいランドスケープは全部、フォトリアルな仕上がりにしますねん。
でも、ここは日本。地方都市の町並みは全然美しくないし、観光地には俗っぽい屋台が並び、人だらけで、空気もイカ臭いし、歩いてるのはみんな日本人なんだ。
そりゃあ、世界遺産や国立公園や、東京の夜景なんかは美しいさ。でも、朝から晩まで仕事ばっかり、たまの休みも一日中家族サービスのお父さんが、そんな場所でたくさん写真を撮れるわけないです。
なんで、自分たちのご近所で、フォトリアルなHDRを撮っても面白くないです。

所詮、被写体が悪いので。


とまあ、嘆いていても仕方ないので、それを逆手にとって「ギンギンの絵画調」でも絵になる風景をさがして彷徨するわけなのですが、「絶対に決まる被写体」って、必ずあるもんですね。
例えば、ヒコーキ。それも飛んでるんじゃなくて停まってるやつ! なんか運搬用のカートみたいのがいっぱい群がって、ハッチが開いて、ボディの「ヌルッ」とした質感と、脚やエンジンやタラップのメカニックな質感があって、まさに「絵になる」素材ですね。
これ、写真より断然イラストがいい。自分がガキの頃には、洒落たタッチのイラストがいっぱいあって、そうそう、プラモの箱絵もこんな感じっすよね。
前にも書いたと思うけど、オレらオッサンのDNAには、こういう感じの絵が刷り込まれてますからね。これなら文句ないでしょ?
自分の経験では、こういうのを載せると、ページビュー数が全然違う。なんたってヒコーキやシンカンセンや軍艦はみんな好きなんだ。あっ、あと工場もいけます!

でもね、純粋な写真表現からしたら、こういう「被写体への興味だけで魅力が成立する」ものは評価対象外らしい。
ヒコーキに興味のない人にとっては全く無価値。クルマとか、デンシャとか、バイクとか。乗り物系はみんなそうなんです。
要するにガキ臭いのね。
「普遍的な表現」ではないんだと。悲しいです。まったく。

Pentax K-r / ±3EV / 3Shot RAWからCapture Oneで4JPEGに現像 / Photoshopでアラインメント+動体修正 / Nik HDR Efex Pro2 / Photoshop CS6で仕上

 

| マルチショット RAW | 20:00 | comments(10) |trackbacks(0)
HDR : 至近距離HDRスナップの極意とは

Large Photo

crumb seller : photo by shockatz

人間をスナップしようと思ったら、ノーファインダーで撮るにかぎります。
当然、ピント合わせも目測で。だいたい手前50センチから無限遠まで。HDRだとボケが汚いので、ピントの深い超広角レンズの出番。パンフォーカスで撮るわけです。
ところが、HDRだとこれが大変に難しい。
そもそも、普通の写真なんか撮影しても全然面白くないので、非常識にも逆光シチュエーションなんかで狙うんですが、HDRだけにオートブラケット撮影が必須です。
至近距離の人間なんて、動きまくりです。目の前1mだと、最近の高速連射一眼を使っても、画面上で300ピクセルぐらい簡単に動いてる。
こんだけ動くと、Photomatixの「自動ゴースト除去」なんか手も足も出ません。とにかく移動物が大きすぎる。
だいたい、Photomatixの「自動ゴースト除去」や「自動位置合わせ」は、移動物が大きかったり、移動物が逆光だったりすると、無茶苦茶な合成をやらかすので、頭から使えなかったりします。

で、どうするか? そこはオイラが延々言っている、「マルチショット+RAWミックス」撮影法しかないわけです。
この作例も、RAWブラケットで3枚撮り、RAW現像して4枚のJPEGを作った後、最も暗いショットを部分合成して作っています。
まあ、そこまでして人物を撮りたくない人にはどうでもいい話なのですが、自分はこういう写真も好きなわけで。。ウケるのは風景とか乗りものとか、動かない被写体ばっかりなんですが。。

HDRで撮って面白い被写体はいろいろありますが、やっぱ人物スナップって面白いです。HDRの暑苦しさにぴったり合いますね。と勝手に独りよがりしています。

金沢市のカニ売り場
Pentax K-r / 3shot RAW / Capture OneでRAW現像 / JPEG4点からPhotomatixでトーンマッピング / Photoshop CS6で仕上

| マルチショット RAW | 20:55 | comments(4) |trackbacks(0)
HDR : ギャルリー・ラファイエット

えー、なんかものすごく更新の時間が空いてしまいました。
コンピュータがぶっ壊れたとか、仕事が忙しかったとかはとんでもない言いわけで、ようするにHDR撮影する気が全然起きなかったわけです。
いろんな方法論試して、色々実験しているうちに撮影への興味が失せた、というのが正しいかな?
レタッチばっかりやっていると、ドツボにハマりますね。本当に。

で、色々あったのですが、また気を取り直してぼちぼち作ってみようと思っています。
装備は、レタッチソフトがPhotoshop CS6になった以外はほとんど変わっていません。
Pentax K-r、PhaseOne Capture OneでRAW現像、Photoshopプラグインは、Topaz AdjustからLucisArtに変えました。動体ゴーストの除去や、多重合成によるMDRの部分HDR合成など、ワザの部分もまだ極めていませんので、まったり更新していきます。またよろしくお願いします。


んで、前にとったフランスの大量の写真を、またぞろ引っかきまわしています。

フランスは、僕らが愛用しているHDR合成ソフト、Photomatixを生んだ偉大な国ですが、よく考えてみれば、写真術を生んだのも、やはりフランスなのです。
パリの街角で適当に手持ち撮影したHDRなのですが、石造りの建物の表情といい、澄んだ空気のなかでクッキリ映える青空といい、ドラマチックに表情を変える夕暮れなんかを見ていると、「ああ、ここはやはり写真とHDRの故郷なんだなあ」と実感させられます。
本当に、何もしなくてもHDRみたいになってしまう場所なので、テクニックは全く必要ありません。
フランス(ヨーロッパ)というのは怖いところです。

パリ、ギャルリー・ラファイエット前の夕暮れ
Pentax K-r / 3RAWブラケット撮影 / PhaseOne Capture OneでRAW現像し4枚のJPEGを作成 / Photomatixでトーンマッピング / Photoshop CS6とLucis Artで仕上

| マルチショット RAW | 21:00 | comments(4) |trackbacks(0)
HDR : PhotomatixがExifに処理パラメタを書いている

Large Photo

CDG Airport : photo by shockatz

何の気なしに、アップロードした画像のExifデータを、Flickrで見て驚きました。
PhotomatixのHDRトーンマッピング・パラメタがしっかり記入されています。
Strength、WhitePoint、BlackPointや、ColorTemperatureが一目瞭然。
ちゃんとDetail Enhancer使ったってことまでわかります。

http://www.flickr.com/photos/chockatz/6337387070/meta/in/photostream/

まあ、絵を見れば、マトモな処理をしていないことは一目瞭然なのですが、シレっと普通の写真のような顔をして、実はギンギンのトーンマッピングやった、てことが良くわかって面白いかも。

自分らは、撮影画像のレンジこそ広いですが、あまり強めにトーンマップかけずに、後でTopazなどで細工する流れなので、ここのパラメタだけ見ると大人しい感じです。

最近、カメラのHDRモードで撮っただけのHDRや、TopazかけただけのHDRがずいぶん出回っていますので、ここを見たら「適当HDR」は一目瞭然ってわけですね。
まあ、手間をかけているから仕上がりが良いわけではないし、コテコテの絵画ふう(!)HDRが良いわけでは決してないんですが、いちおう確認方法ってことで。

CDGにいた格安航空会社EasyJetのB737 / Pentax K-r / 3shot RAWから現像で5shot JPEG / 動体ゴースト除去 / Photmatix / Topaz





| マルチショット RAW | 17:56 | comments(4) |trackbacks(0)
HDR : 逆光と人物と

昨年パリに旅行した際に撮ってあったスナップ。何度もトライしたけどモノにならなくて、新しい処理方法でようやくサマになった一枚です。
初秋の朝日がパリ・北駅の窓からガーッと降り注ぎ、石と鉄骨でできた駅の暗がりとの対比がきわだつシチュエーションです。
まさしくHDRでしか捕えられない光景で、張り切ってシャッター切ったのですが、いや本当に難しかった。
明暗差はしっかり6EV以上。おまけに高倍率(横着)ズームレンズんなもんで、フレアが酷く、窓との境界部分がボワッと溶けたようになっていました。
さらにに人物が動く動く。。明暗差の激しい場所に動体があると、Photomatixはうまくゴーストを除去できないのですね。
日本のような出勤ラッシュこそありませんが、とにかく人が多い。
こういう状況で、RAWブラケットで撮るには撮ったのですが、後処理が全くうまくいかず、放置してあった一枚です。

Pentax K-r / Tamron 18-250mm / 3shot RAW / Photomatixでトーンマップ / Topaz Adjust他でディテールアップ

| マルチショット RAW | 17:24 | comments(6) |trackbacks(0)
HDR : スナップはやっぱり面白い

街角スナップをHDRで撮ってると、いつも驚かされるのが、「俺はいつこんな光景を見たのか」という、あやふやな実在感です。
大体、人なかで撮影しているときに、構図や露出補正でじっくり見る余裕なんかないし、最近はノーファインダーで撮ることも多いです。
ところがこいつをHDRにして見ると、見落としていたディテールがいっぱい見えてくる。服のシワ、逆立った髪の毛、猥雑な屋台のたたずまいなど、自分の頭と目を通り過ぎていった一瞬の風景がフラッシュバックするように、絶対的な存在感で目の前にドカーンと落ちてきます。
おまけにマルチショットの光線状態は、日時も時間も不明。撮影時の自分の「恣意的な」スタンスはすべて破壊され、なんか勝手に風景が見えている。
そういうところが堪らんのです。オイラには。

といいながら、動きまくる人間をどうやって止めるか。どうやって安定的なHDR制作のワークフローを作るか、というのがずっとテーマであるわけですが。
ひょっとして、「この方法が最高じゃねえか?」とアタリのついた動体HDR撮影法に最近たどり着きました。
近いうちにまとめます。

Pentax K-r / 3sgot RAW+ / PhotoMerge -> ToneMapping -> Detail Enhancement -> Color tweak

| マルチショット RAW | 00:50 | comments(0) |trackbacks(0)
HDR : ディテール・コントラストのさじ加減

HDR=コテコテ=絵画調という誤解


よく、HDRを紹介する記事やコラムで、「いわゆる絵画調の、コテコテなHDR」とか、「不自然に誇張したHDR」とか、いろんな言われ方をされることが多いのですが、「コテコテ」というのは、実はHDR(つうかPhotomatix)の専売特許ではありません。
これ、やってみればわかるんですが、Photomatixだけでコテコテにするのは本当に難しい、というかできないです。
PhotomatixのStrengthを最強にすれば、絵はザラザラになるだけだし、Saturationを強めても、一部の色が浮き上がったようになるだけで、ちっとも「ド派手」な絵にはなりません。

このコテコテ調(自分みたいな作風のことだと自覚しておりやすが)を作ってるのは、Topaz AdjujstやLicisArtのような、いわゆる「ディテール・コントラスト」強化ソフトや、Topaz Cleanのような「ペンキ画風ベタ塗り」ソフトであります。
自分の感覚でいうと、こういう武器を全部使わないと、こんな馬鹿げた絵にはなりません。

HDRに罪なし。単に作者の事情


じゃあHDRは何なのだ? と言われそうですが、これ、ディテールコントラストをかけまくれる「下絵」を作るための方便なのです。
世の中には、1枚RAWやJPEGなどから、それらしくHDR「ふう」にしてくれるソフトもありますが、ありゃ淋しいですね。なんか手抜きして下手なCG作ってるみたいで、自分も一時ハマってたこともありますが、完全な黒歴史です。
やっぱりHDRはコッテリと、空はズンと黒く、普通の写真のコントラストをまるきり無視した明暗になるのがいいです。
まあ、手間から言っても、撮影:HDR:画像処理は3対6対1くらいなので、やっぱHDRにほとんどの時間がかかっているのは事実なんですが。。

そこまでしてHDRにしないといけないか?
そりゃアナタ、普通の写真からただディテール上げただけじゃ、「異様さ」が足らんのですよ、「異様さ」が!
他人様を本人の特定できないほどまで、絵を誇張するには、これしか方法がないんですわ。
自分街頭スナップが好きなんで。。これでもまだ」足りませんけどね。

Pentax K-r / 3shot RAW+ / CaptureOneでRAW現像 / Photoshopで合成 / Photomatixでトーンマップ / 再びPhotoshop / Topaz Adjustでディテールアップ / Topaz Cleanでノイズ平坦化 / Nik ColorEffexProで色演出 等々コテコテ

| マルチショット RAW | 19:50 | comments(12) |trackbacks(0)
HDR : 桜も咲いたし、そろそろ起きますか

気づいたら半年近く更新をサボっていました。
昨年来なのですが、個人的にヘビーな状態でいっぱいいっぱい。なかなかアグレッシブに作品を作っていくことが難しい状態でした、
「心・技・体」とか、「寝食足りて礼節を知る」とか、ことわざはいろいろありますが、要は、心の中が占領されてしまうと「芸事」はまるっきり駄目ということで、自分は特にそうです。
でも春は巡り、今年も桜は咲くと。
開花が遅れに遅れた北陸の桜も、一気に満開・見ごろになりました。

また色々試行錯誤していきますので、今後ともよろしくです。

Pentax K-r / Simga 10-20mm / 3shot RAW+から合成後、Photomatixでトーンマッピング(富山市松川べり)

| マルチショット RAW | 23:21 | comments(4) |trackbacks(0)
HDR : 動体とブラケット撮影の悩ましい関係

ブラケットHDR撮影で、最も難しいのは何といっても動体です。
しかも、適当に写ればいいものでなく、そのディテールが問題になるもの、つまり人間が難しいです。
幸い、現在のPhotomatixには、「動体ゴーストを除去」する機能があり、多少のゴーストならば除去することが可能です。

ただ、この機能にもやはり限界があります。
「動体ゴースト除去」は、複数の絵柄の中で、輪郭が異なっている部分を判定し、その部分を、その時点で「最も豊かな階調をもった」ショットで置き換えます。
また、置き換えた部分は他(動体のなかった部分)とコントラストの具合が変化するため、「マスク」を作られて境界をなじませる処理が入っています。
このとき、動体の占める面積が多いと、合成用マスクが大きくなって、1枚からのHDRとほとんど変わらなくなってしまうことになります。
作例でも。画面の下半分がほとんど動体になってしまい、1枚RAWとほとんど変わらない仕上がりになりました。


それではますいので、方針を変更し、1枚RAWからRAW現像してJPEGの明暗画像を作り、レンジがオーバーしている部分に、ブラケットのダークショットを合成して補うという方法をとりました
こうすれば、動体部分はRAWなのでMDRですが、それ以外をHDRにすることができ、見た目リッチなHDRが作れるような感じがします。
実際には、この作例では「明るいショット」と「標準ショットを明るく現像したショット」にほとんど差がなく、ブラケット画像は使用しなかったので、正確には「RAW 2点から現像」して合成したことになります。


RAWのダイナミックレンジがあと2bit、ハイライト側に広がってほしいと思います。もしRAWダイナミックレンジが16bitになったら。。まだ足りないっすね。

朝7時のドバイ国際空港。トランジット客でごった返す。国政人種言語不明の客多数。
Pentax K-r / 3shot RAWブラケット / RAW現像:CaptureOne / Photomatix

| マルチショット RAW | 18:45 | comments(8) |trackbacks(0)
HDR : 「RAWミックス」撮影法で手持ち望遠HDR

望遠HDR最大の難敵、カメラブレ


ASP-Cカメラに200mmくらいの望遠レンズをつけると、35mmカメラに換算して300mmくらいの望遠レンズになることは、有名な話だけど、それくらいの解像度で撮影したい被写体は数多いです。
代表格は航空機。空港の限られた撮影スペースで、いい雰囲気の空港写真(飛行機だけでなくいろんな補助車両とか、作業員とかいろいろ)を取ろうと思ったら、望遠レンズに助けを求めざるをえないです。
で、そこで止せばいいのに、HDRのためのブラケット露光を目論むと、過酷な撮影条件に泣くことになります。
なぜか? 答えは単純です。ブラケット露光をするためには、複数の露光を行うわけですが、ライトショット(明撮)を行うためには、極端に遅いシャッターを切らねばいけないからです。
自分の持っているPentax K-rの露光幅は±3EV。シャッター速度は2の3乗、つまり8倍の長さになります。標準が1/500秒とすると、ライトショットは1/60秒に。
もちろん、自動ISO設定などで高ISOに持っていけば、それなりに速いシャッターも切れるのですが、画質を考えればあまり無理をシたくない。加えて自分のようなパンフォーカス馬鹿は、ますますシャッター速度が遅くなります。

そこで、どうするか。
自分が考えたのは、プラス補正でRAWでブラケット撮影し、明撮ブラケットを捨てて(どうせ粒子粗いし、ブレてるし)、代わりに明るくRAW現像した画像を使う方法。他のショットは全部、RAW現像して、動体ゴースト除去でトーンマッピングします。
いわば、シャドウ側だけをMDR露光にする方法。これだと、明撮は絶対にブレないし、粗くなることもありません。
気になるレンジですが、プラス補正をかけて撮影するため、日中ならまずシャドウ側がレンジ不足になることはありません。もちろん、ダークショットはコテコテにブラケット露光されていますので、RAW一発みたいなペラペラHDRになることもありません。

何点かためしていますが、今のところ非常に快調。
次回、細かくメカニズムを説明します。以上!

作例はシャルル・ドゴール空港の入口駐車場付近から見えた駐機場。補機の類に萌えるわ。
ライトショットにブレボケノイズの心配がなければ、HDRはかなりシャープになると思いますが?
Pentax K-r / 200mmf4.5 / RAWブラケット+RAW現像でJPEG5点から動体ゴースト除去でPhotomatix合成
| マルチショット RAW | 20:43 | comments(8) |trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
LINKS
RECENT COMMENT
  • 2013年度版 各社カメラのHDRオートブラケット撮影能力リスト
    宮島あたり (04/18)
  • 2013年度版 各社カメラのHDRオートブラケット撮影能力リスト
    shockatz (01/09)
  • 2013年度版 各社カメラのHDRオートブラケット撮影能力リスト
    谷田部 (01/03)
  • HDR : RAWブラケット対応のコンデジもっと出しやがれ
    JPEGRAW (12/03)
  • 2013年度版 各社カメラのHDRオートブラケット撮影能力リスト
    itokawa (11/12)
  • 2013年度版 各社カメラのHDRオートブラケット撮影能力リスト
    hinimaru (09/04)
  • HDR : RAWブラケット対応のコンデジもっと出しやがれ
    shockatz (07/08)
  • HDR : RAWブラケット対応のコンデジもっと出しやがれ
    セブン (07/07)
  • HDR : RAWブラケット対応のコンデジもっと出しやがれ
    shockatz (07/06)
  • HDR : RAWブラケット対応のコンデジもっと出しやがれ
    doiken (07/06)
RECENT TRACKBACK
Windows Vista
モバイル
qrcode
PROFILE
SPONSORED LINKS